5日間無料メール講座【慢性化のプチ不調でも乗り切れる5つのステップ】 | 水分を飲むとすぐにトイレに何度もいきたくなるお悩みを体質改善の薬膳で改善します

水分を飲むとすぐにトイレに何度もいきたくなるお悩みを体質改善の薬膳で改善します

からだの水分を補おうと水分を飲んでも、トイレに行きたくなるばかりで、全然吸収していない気がするお悩み、頻繁なトイレでうんざりな悩み、夜中のトイレで安眠できない悩みを薬膳で改善します。


テーマ:

5日間無料メール講座 【慢性化のプチ不調でも乗り切れる5つのステップ】

 

 

 

こんにちは

 

プチ不調に悩み笑顔を忘れかけておられる女性へ体質改善のマンツーマンサポートをしております、

滋賀県高島市在住  国際薬膳師の提中知子(だいなかともこ)です。

 

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

わたしは、無料メール講座(メールマガジン)

 

「慢性化のプチ不調でも乗り切れる5つのステップを配信しています。

 

 

 

 

自分の体って、分かっているようで、なかなかわからないってこと、ありませんか?

 

 

たとえば、プチ不調って、なんだか知っていますか?

 

 

プチ不調ってあれでしょう?

 

 

聞いたことある、頭痛とか、肩こりでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

はい、正解です。(^^♪

 

 

他にも、たとえば胃腸が弱い、風邪をひきやすい。

 

 

便がコロコロでかたい、肌が弱い、顔色が良くないと言われる…。

 

 

数え上げたらきりがないほど、プチ不調って、誰でも感じていますよね、日常的に。

 

 

 

では、不調なのに、なぜ、プチってついているのでしょう?

 

 

不調にそもそも、プチとかそうでないとか、あるのでしょうか?

 

 

プチ不調は、まだ病気にはなっていないものの、小さな不調の芽。

 

 

ご存知でしたか?

 

 

プチとはついていますが、この不調は、プチだから放っておいていいものでは決して、ないのですね。

 

 

むしろ、今はプチでも、将来、大にもなる危険性があること。

 

 

つまり、プチ不調をそのまま放置すると、その先、病気につながりかねない状態が存在しているというわけなのです。

 

 

「誰でもプチ不調って、あるんじゃないの?」っと言われそうです。

 

 

もちろん、否定はできませんが、楽観視はやはりしてはいけないのです。

 

 

 

わたしは漢方養生指導士として4年、国際薬膳師として、3年。

 

 

プチ不調に悩まされ、なんとなく気持ちが沈みがちな毎日を過ごしておられる女性の、体質改善のサポートをさせていただています。

 

 

そのなかで、プチ不調に悩まれている女性に、ある共通点が見つかりました。

 

 

① プチ不調には冷えを改善するのが良いと、温活ばかりに目を向けられていること。

 

 

② マッサージ、整体そのほかさまざまな方法を取り入れるけれど、根本的に改善が出来ていない。

 

 

③ ネットで偶然見つけた健康茶を、とりあえず良いと信じて試している。

 

 

④ 漢方薬を飲んでいるけれど、すっきり良くなっていない。

 

 

ここで、重要なのは、プチ不調を引き起こす根本原因に、大きな見落としをされているからだと気づいたのです。

 

 

それで、わたしは、何を見落としているのか、この大切な点に気づいていただくため無料メール講座を準備しています。

 

 

 

5日間無料メール講座

 「慢性化のプチ不調でも乗り切れる5つのステップ」

 

 

◆ メール講座をおすすめしたい女性 ◆

 

☑ 授業中にトイレ(尿)に何度もいきたくなり、勉強がはかどらない学生の方。

☑ 水分をとると、すぐにトイレ(頻尿)に行くほど、尿が近くて困っている方。

☑ 仕事中にトイレ(尿漏れ)に何度も行くのが気まずくて困っている方。

☑ 病院に行っても、薬もないと言われ、結局、ほったらかしになっている方。

☑ 介護中の方で、ストレスが多く、何度もトイレ(尿)に行ってしまう方。

☑ 妊活中の方で、水分をとってもすぐにトイレに行きたくなり吸収されていないと感じる方。

☑ 子育て中の方で、自分の健康まで余裕がなくなり、トイレ(尿)に何度も行かれる方。

☑ 仕事中、量はたくさん出ないのに、何度もトイレに行きたくなる方。

☑ 着物を着て接客業をしている方で、トイレに行けなくパッドでやむなく対応している方。

☑ 頻尿の対策に、漢方薬や、お薬を飲まれていてもスッキリしない方。

☑ プチ不調で家から出られず、長年仕事もお休みされている方。

☑ 温活サロンを経営されている方で、体質改善の知識を吸収されたい方。

☑ 中医学(東洋医学)特有の、からだの体質の知識を吸収されたい方。

 

 

◆ もし、このメルマガを読んでいただくと得ていただけること ◆

 

1⃣ プチ不調に気づいてから、病院に頼り切らずに、不調を乗り切るステップを知ることが出来ます。

2⃣ 個人の見解や体験だけに基づいた内容ではなく、中医学と薬膳の正しい見方でお伝えし、あふれる情報に惑わされにくくなります。

3⃣ ネットでは、得づらい正確な情報のため、安易にお薬や健康食品を飲めば治るという楽観的な考えを見直せるきっかけになります。

4⃣ 病院の診断がすべてだと思っていた方にとって、別のからだの見方があると知ることが出来るので、こころに余裕が出来ます。

5⃣ 自然治癒力、免疫力を高めてプチ不調を取り除いていく東洋医学の営養に関する新情報を得ることが出来ます。

6⃣ 誰にでも理解できるテーマで、難しくない話し方なので、中学生の方でも理解できる内容です。

 

 

メルマガでお伝えする内容

 

毎日5日間連続で、1通づつお届けしていきます。

あるプチ不調で困っている、30代OLのりえさんのストーリー形式で読みやすくお伝えしていきます。

中学生の方でも、理解しやすい内容でご案内していきますので、ご安心ください。

 

 

第1話: 「ちょっと待って!プチ不調は何のサイン?」

 

第2話: 「からだの不調のサイン、○病に気づいて」

 

第3話: 「10人中9人までが取ってしまう選択とは」

 

第4話: 「○病の原因に体○の問題が隠されていた」

 

第5話: 「10人中1人だけが知る○病の対処法とは」

 

 

5話を終了した段階で、プチ不調にどう具体的に対処すればいいのかが自然と納得していただけます。

 

 

 

 

最後に、聞きなれない国際薬膳師について、お話ししておきます…。

 

 

病気やプチ不調をからだの内面から食事で整えていくための営養のアドバイスをさせていただける専門資格です。

 

 

中医学という東洋医学の専門知識を持っているため、お一人おひとりの体質の診断もしております。

 

 

どなたでも、食事が健康に大事なのは、ご存じなのです。

 

 

でも、もう一歩、奥に進んでみて深く考えてみませんか?

 

 

食事でなら、どんな食事でもプチ不調は改善できていくのでしょうか?

 

 

食の傾向は、テレビの情報やネットの情報に案外、左右されやすいですよね。

 

 

さあ、プチ不調も自分でラクに乗り切れるステップを知って前に進んでいきましょう。

 

 

悩み続けている日々は、もう終わりにしましょう。

 

 

 

無料メール講座

 【慢性化のプチ不調でも乗り切れる5つのステップ】のご登録は↓↓↓

(写真の上でクリックすると次のページへとびます)

 

 

 

 

ご自身のお体を大切にされたい方のご登録をお待ちしています。

 

 

 

◆資格


・【本草薬膳学院】にて国際薬膳師資格取得  H28取得
・【本草薬膳学院】にて国際薬膳調理師取得  H28取得
・【漢方スクール大阪校】にて漢方養生指導士資格 H24取得

・ 介護食アドバイザー資格取得  H28取得
・ 図書館司書資格取得

 

◆経歴

 

・ 京都女子大学短期大学部文科卒業

・ 近畿大学通信教育部卒業

・ 滋賀県高島市内地方公務員経験

・ 高島市内図書館司書経験

・ 地区事務員経験

 

 

 薬膳で一人の女性の体質と不調に真摯に向き合い、新しい未来の実現へのお手伝い

 国際薬膳師 提中 知子(だいなか ともこ)

 
 薬膳サロン つむぎ  
 国際薬膳師 提中 知子(だいなか ともこ) 
 日本国際薬膳師会会員

 店舗所在地: 滋賀県高島市安曇川町川島629番地

 営業時間: 午前10時~午後5時  {月~土} 

 定休日: 日曜日・祝日・不定休

 電話: 09091665326 (携帯) 

 電話: 0740(34)1620 (サロン専用電話)

 ファックス: 0740(34)1620 

 

 お問い合わせ

 サロンへのアクセス

 国際薬膳師とは

 プロフィール

 滋賀県高島市へのアクセスは、こちら

 

 

サロンは専用スペースですので、静かにお過ごしいただけます。

 

【はじめてお越しくださった相談者様の感想】

・飾り付けもかわいくて、ゆっくり時間を過ごせました。 

滋賀県大津市 Wさま

 

・空がどこまでも広く、のどかな雰囲気でまるで、旅行気分で来ました。 

大阪府Iさま

 

・車の音も聞こえなくて、自宅にいるようにリラックスできました。

滋賀県高島市Tさま

       

 

薬膳サロン つむぎアクセスマップ

 

 

 

 

 

 

水分を飲むと何度もトイレに行きたくなる不調を薬膳で乗り切る方法さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります