はじめまして 国際薬膳師 提中 知子です | 頻繁なトイレで仕事や会議に集中できないお悩みを体質改善で解決します!

頻繁なトイレで仕事や会議に集中できないお悩みを体質改善で解決します!

仕事中に何回もトイレに行きたくなる。尿意が我慢できない。体質を改善することで、回数を減らして仕事に集中できるようになりますよ!個別相談でお悩みを解決。顔を知られるのが恥ずかしい、人に見られれたくない方は電話相談やオンライン講座がオススメです。体質を改善!


テーマ:

はじめまして


体質ケアカウンセラー 

国際薬膳師  提中(だいなか) 知子です。


 

不妊を通して、自分のからだのサインに向き合い、子供の病気を通して、食事と病気のつながりに目を向ける日々を過ごしてきました。

 

 

毎日ハードな仕事や家事をこなしながら、からだをギリギリまで酷使せざるを得ない生活では、体から不調のサインが出てくるのは無理もありません。

 

 

女性の体調の悩みが、続いてしまう本当の原因は、不調の原因に合っていない食品などに頼り切ってしまうライフスタイルにあります。

わたしは、約15年の中で培ってきた中医学(東洋医学)で、不調を改善していくことこそ、体調の悩みへの根本的な改善と伝えております。

 

 

国際薬膳師として、この2年間、体調の悩みを抱えておられる女性への、不調の改善というアドバイスとサポートをしてきました。

 

 

その中で感じたことは、一人で不安な中過ごしていると、そのまま不調をひきづってしまわれ女性が多いと感じてきました。

 

 

からだのお悩みでも、病院や薬に頼り切らずに、自分自身で緩和させていく方法があるということを、伝えていきたいと願っております。

 


そして、女性の方のお悩みのサポートを通して、1日も早く、お悩みから解放され、普段の生活に戻っていただけるようお手伝いいたします。

 

 

    

◆ プロフィール

薬膳サロン つむぎ  国際薬膳師 提中 知子 (だいなか ともこ)

滋賀県高島市出身   元公務員、図書館司書

京都女子大学短期大学部卒

 

◆ 資格
・国際薬膳師(本草薬膳学院修得資格)
・国際薬膳調理師(本草薬膳学院修得資格)
・漢方養生指導士(薬日本堂漢方スクール修得資格)

・介護食アドバイザー

・図書館司書

◆ 経験
短大卒業後、高島市内地方公務員として、社会的弱者の方の相談業務携わる

同市内図書館司書として、図書館運営業務に携わる

     

 

女性の病院にいくほどではない不調をサポートするため、2016年6月に薬膳サロン つむぎを主宰。

一人ひとりの不調の悩みにあった、食事改善の個別サポートを展開。

 

 

現在は、滋賀県高島市に家族と、住まいしております。
琵琶湖が、すぐ近くに見える美しい緑あふれる自然に囲まれ生活しております。


2016年、本草薬膳学院という、東洋医学と営養学を学べる教育機関で、国際薬膳師という資格を取得しました。

自らの不調と子供の病気に、病院に行かずに改善した経験をもとに、サロンを開始しました。


独身のときから、病院にいくほどではないけれど、体調の悪さを日々、感じていました。
結果、何度も流産を経験し、長い不妊のつらい、時期を味わいました。


不妊の時期に、とりあえず試してみたのが、漢方薬を薬局で調合してもらうことでした。

そのうち、子どもは授かるだろうと気楽に構えていました。


約4年ほど、妊娠の気配もなく、途中で何度も、やめようかと思いました。

漢方薬は、少しくらい苦くても我慢できましたが、金額的に続けることが難しくなったからです。


もう、漢方薬は、効果がないから、あきらめよう。

そう思っていたころ、妊娠が分かりました。

 

 

不妊をきっかけに、病院だけに頼らずに、

漢方薬を飲んだことで、体質を改善していく大切さを学べました。



漢方薬につぎ込んだ金額は、相当なものでした。

でも、わたしには、これが一番合っているからと、振り返ると正解でした。


子供を授かっても、育児の楽しさを十分、味わえることが出来ませんでした。

それは、生まれたこどもたちが、病気を患ったからでした。

 

 

いつも、病気のことを心配して、将来の不安を抱えていました。

子供の顔を、にっこり笑顔で見ることが、大変、難しい時期もありました。

 

 

病院の先生のアドバイスも、こころに留めながらも、何か、子供の病気を克服する方法を探しました。

それが、このサロンを始めるきっかけになっています。

 

 

目の前の病気に対峙するには、ネットや周りの人の情報に安易に流されてはいけない。

そう思っていたので、確かな、病気を克服できる方法を身に着けることが大事だと思いました。

 

 

通学は長い距離で大変でしたが、こどもの病気を克服したいとの気持ちで、

往復3時間半かけて、大阪の学校(漢方スクール)まで、学びにいきました。


その学びは、今まで、病院ばかりを頼っていた自分には、衝撃的でした。

病気に目を向けるのでなく、病気を作ってしまう体自体に、目を向ける大切さを学べたからです。

 

 

学んだことを、家庭で生かしながら、数年間をすごしました。

病院の先生より、生まれた当初は、「まっすぐ走れないかも」と配されていましたが、「まったく心配ないです」と、言葉をいただきました。

 

 

病気は、人を苦しめるかもしれませんが、病気を通して、体全体を診ることの大切さを学びました。

漢方薬を飲ませずとも、子供の病気を克服できた実体験が、サロンを始めたきっかけです。

 

 

元公務員として、社会的弱者の方の相談係として、困っておられる方々へのサポートを経験してきました。

また、図書館司書として、子供たちの読書環境を、一から整える仕事に携わってもきました。

 


わたしは、人にも自分にも、居心地の良い環境をゼロから作りこむことに、やりがいを感じます。

サロンに来られる相談者さまは、自分の悩みを一人で抱え込んでおられる方が大変多いです。

 

 

自分が、不妊や、体調が悪い時に、頼れるものがなかった、頼れる場所がなかった経験があります。

ですから、体調の悩みを、病院やお薬に頼らずとも、自分で改善していきたい人のサポートを始めたいと思いました。

 

 

 

サロンに来られるご相談者さまに対し、説得ではなく、対話を重視しながら、改善へのアドバイスに努めております。

 

 

最初来られた時の不安なお気持ちが、徐々に、取り除かれていくにつれ、安心の笑顔を向けられたときの喜びは言葉には言い表せないものがあります。

 

 

いま、ご相談者さまが一人で抱えこまなくてもいいように、共に、解決へ向けて歩んでいく日々を過ごしております。


 

頻繁なトイレの回数で、仕事・家事に集中できない悩みを抱える女性をサポートします。

 

国際薬膳師 提中 知子(だいなか)

 日本国際薬膳師会員

 

薬膳サロン つむぎ 

店舗所在地:〒520-1231 滋賀県高島市安曇川町川島629番地

営業時間 : 午前9時30分~午後5時 {月~土}

休日 : 祝日・日曜日・不定休の場合がございます

電話番号 : 0740(34)1620 (専用電話)

電話番号 : 09091665326 

ファックス : 0740(34)1620

 

・お客様のお声

薬膳サロンつむぎへのアクセス

・お問い合わせ

国際薬膳師とは

 

    

 

仕事中の頻繁なトイレのお悩み解決!提中知子|薬膳サロンつむぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります