畑は今。3 | いすみ農天気日記

いすみ農天気日記

自然の恵みを大切に。畑と手作りを楽しむ日々のあれこれ@千葉県いすみ市


テーマ:
少しずつではあるけれど、収穫物が増えています。
量というより種類がね。

いすみ農天気日記

フェンネル、キュウリ、万願寺唐辛子、インゲン、なす。

そうそう、そのフェンネルですが結構生命力が強いらしく、
↓新しい葉がドンドン出てきています。


いすみ農天気日記



歴史上もっとも古い作物のひとつだそうです。
和名はウイキョウ。ああそうか!ウイキョウか。
五香粉に入ってたり、カレー料理にも使われてるんだって。
どうりでどこかで嗅いだ匂いだと思った。

いすみ農天気日記

香りがいいから葉っぱをお茶にして飲んだりすると、おいすぃ。
もちろんサラダに刻んでいれると幸せ。

花は花火のようでかわいい。




↓あっ!脱皮しようとしてるッ!!!

いすみ農天気日記

収穫せずに放っておいたらこんなことに。
なんだかエイリアンからエイリアンが生まれるみたいな。。。すごい絵だ。

う~ん、この脱皮星人はどうしよう。
美味しく食べてしまうか、成り行きを見守るか。。。




異星人といえば宇宙。
宇宙といえば宇宙芋!
宇宙芋ことエアーポテトも小さいながら育ってます。

いすみ農天気日記


↓葉に隠れて分かりづらいけど、4つほどできてます。
面白いなぁ。来年はこれを元にもっと増やしてみよう。
スズメガの幼虫に目を光らせながら。

いすみ農天気日記



畑の作物はこのくらいかな。
次は種採り物語。

まずはキュウリ。
あ、(゚д゚)!溶けてる!
種採り用のキュウリが持ち上げられないほど溶けてる。
ムム、いつのまに。。。
なのでその場で採種。
採種の方法は以前紹介しました。→キュウリの話

いすみ農天気日記





↓バジルです。
抽苔してます。

いすみ農天気日記


ふむふむ、この中に種が入っているのか。

いすみ農天気日記


ひとつひとつに4粒ずつ種が入ってました。



いすみ農天気日記

バジルの種ゲット。
これを水につけるとゼリー状になって、それを目のゴミを取るのに使ったことから
和名は「目箒(めぼうき)」。
なんてわかりやすい。
今は種を探すより薬局で目薬買ったほうが早いと思うけど。

そうそう、和名といえば「豚の饅頭」ってどんな花か知ってますか?
実はシクラメンの和名なんです。
なんてかわいそうな名前。
シクラメンの球根が豚の餌になるということで英名sow bread(雌豚のパン)
これを日本語に翻訳した学者が悪い。
同じ和名でも篝火花(カガリビバナ)のほうが美しいし、見た目にもぴったり。
そもそも、いくら豚の餌になるからといって、雌豚のパンってのもどうかと。
綺麗な花なのに。
真綿色したシクラメンほどすがしいものは無いんだから。



リトルファーム sin & mihoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス