全日学

テーマ:

こんにちは!!2年の五十嵐でございます。

 

10月25日(木)から兵庫県尼崎市で開催された

平成30年度第85回全日本大学総合卓球選手権大会

に6年の佐藤泰史さんと参加してきました。その結果を報告いたします。

 

1回戦

 

佐藤  0 (-9, -6, -4) 3  村田(筑波大学)

 

五十嵐  0 (-6, -6, -8) 3  佐藤(駒澤大学)

 

どちらも関東1部の大学の選手に敗退という結果でした。

 

泰史さんは敗れはしたものの、インカレ3位である筑波大のレギュラーに対して通用する技術がいくつもあり、本当に偉大なお方だなあと改めて感じました。6年間お疲れさまでした!

 

僕に関しましては、特に通用する技術もなく、全国の経験が豊富な相手の思うがままにボコボコにされました。もっと練習して強くなって予選を抜けて、全国のレベルをたくさん経験しないとなかなか勝てないと感じました。実験レポートが溜まらない程度にもっと練習します!部員の皆さんよろしくお願いします!

 

 

 

また、尼崎市は大阪のすぐ近くということで、しめしめ・・・

 

 

 

 

 

!!「USJ」!!

 

 

 

ではなく、神戸大学大阪大学の部活にお邪魔してきました!

 

どちらの大学も、国立大学ですが関西学生リーグで大活躍している強豪校です。全国公の団体決勝トーナメントでは、我々東北大は彼らの試合を指をくわえて観ておりました。

 

そんな強い人たちはどんな練習をしているのか・・・

 

 

球重い!ブロック堅い!ラリー長い!

 

あと、フットワーク練習のブロック側も本気でやってました。カウンターとか。

多球練習やダブルスの練習も東北大よりかなり多くやってるみたいでした。三藤君、頑張りましょ♡

 

練習だけでなく、たくさん試合もさせていただいて、すごく刺激を受けることができました!神戸大学と大阪大学の皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 

以上、全日学の報告でした!最後までお読みいただきありがとうございました。