インカレ結果報告

テーマ:
こんにちは!
工学部3年電気情報物理工学科 櫻井です。







少し遅れましたが、7月の12日から15日の間、墨田区総合体育館で行われた、全日本大学総合卓球選手権大会団体の部(インカレ)の結果報告をさせていただきます。







結果から言いますと…











ベスト32爆笑爆笑爆笑



この代になってからずっと目標としてきたインカレ32を達成することができました。以下に大会の記録を書いていきたいと思います。




予選リーグ1回戦


東北大 3 - 0 山口大


○ 佐藤 3 - 0 藏元

○ 中井 3 - 1 浅野

○ 佐藤・鵜養 3 - 0 藏元・福島




次戦は優勝候補の明治大学戦でした。





東北大 0 - 3 明治大


佐藤 0 - 3 龍崎 ○

五十嵐 0 - 3 出雲 ○

佐藤・鵜養 1 - 3 渡辺・龍崎 ○








これで予選リーグ2位通過を決めました。次の日の対戦相手は中井主将の腕(抽選)に任されましたが、よほど日頃の行いが良いのかなんと優勝候補の専修大学に。流石ですね。






決勝トーナメント1回戦

東北大 1-3 専修大


○鵜養 3-1 郡山

    中井 0-3 三部○

佐藤・鵜養 0-3 及川・郡山○

五十嵐 0-3 田添○




ここで鵜養さんが関東1部で結果的に今大会優勝した、専修大学の主将郡山選手に大金星をあげました。世界ランクも持つような日本トップの選手の中の1人です。本当に凄いです…



この勝利で鵜養が注目され卓球王国に載り(ここまでは事実)、戦型のスタンダードがペン粒となりペン粒とアンチが世界を支配する世紀末も現実となるかもしれませんね。



団体としても敗れはしたものの、競るところもあり、非常に熱い試合でした。




選手だけでなく、会場まで応援に来てくれたOBOGの方々や部員のみんな、仙台や各地で中継を見て応援してくださったみなさんのおかげでこの様な結果を残せたと思っております。本当に感謝しております。





主将としてチームをまとめ上げてくれた中井さん、常に勝利でチームを引っ張ってくださった泰史さんや鵜養さん、いつでも練習を頑張っている市川さんや角田さん、春リーグで大活躍した栗島さん、すぐに物を失くす飯村さん、最後まで成長し続けていた小澤さん、インカレ終わりの飲み会で頑張りを讃えられて号泣する三浦さん…、他の4年生も皆素晴らしい先輩方でした。本当にお疲れ様でした。







4年生がインカレで完全に引退されまして、存在の大きさを感じながら日々過ごしております…寂しいです…


代替わりをして、僕が全体主将となりました。このいい流れを絶やさずに頑張っていきたいです。プレッシャーは小さくない(というか大きい)ですが新チーム全員で目標達成に向けて努力していきたいと思います!!





来年もここに!

長くなりましたが読んでくださってありがとうございました。