東子 白い風の便り

東子 白い風の便り

自宅アトリエ、プラネットラウンジでのソウルリーディングの日程、イベントのお知らせと、日々のことも。


テーマ:
静かな奇跡の一日。

朝。
ふきのとう(地域のお野菜やお花を販売するお店です、ここで龍まき寿しを巻いています)で働いていることに、店長さん、そして出逢えた人たちに感謝が湧いて。
湧いてきたことが嬉しくて、泣いて。

そのあとに朝から、やっちゃんと言い合いもして。

そのあとに、強くハグもして。

お昼すぎに、山本医院のあっちゃんがあらわれて。

あっちゃんのエネルギーを感じながら。

本を借りて。

みんなが帰って。

一人でレジの前に立ち。

ふと、お花を包む用の新聞を見たら。

わたしに、東子と名付けてくれた、神戸照子さんの記事だった。

見た瞬間、身体じゅうがさわさわさわさわーっと、さわめいて、何かがわたしから抜けて、光に帰っていきました。

ああ。

わたしの中の何かが深く癒された。

静かな奇跡の一日。

{CBACEB3A-39AA-4936-94BD-153841DDC09D}


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス