世に諸行無常の理あれど、されど世は諸行無常なり | 武芸伝を歩む

武芸伝を歩む

信長の野望onlineの真紅鯖織田家でまったり活動中。

花一門では一門メンバーを募集しています。

興味がある方は、筆頭もしくは黒鉦まで気軽にお声をかけて下さい!

よろしくお願いします^^

諸行無常とは、、、


世の中の一切のものは常に変化し生滅して、永久不変なものはないということ。



そう、これは「諸行無常」を背負うものヽふの物語である。



武芸伝を歩む


戦国の世、最強を目指し那古野に仕官したものヽふは、志を同じくした同志達と


「花一門」なる寄合に身を寄せ、日々精進を重ねた。


そのものヽふは弱小の身なれど、一度戦となれば、一門の刃となり、


向かい来る武将、物の怪に挑み続けた。



武芸伝を歩む


時には共に敗戦の苦渋を味わい、



武芸伝を歩む


時には共に勝利の歓喜に酔いしれた。



武芸伝を歩む


筆頭を中心に、少数なれど、そこには熱を帯びたものヽふ達がいた。


強大な敵に立ち向かい、決して屈せず挑むことを絶やさぬものヽふ達の元に、


同志が集まり、徐々に活気を見せ始めた。



しかし、侍はある時から徐々に変貌を見せる。


街では軟派な行動をし、ちゃらちゃらと練り歩くようになったのである。



武芸伝を歩む



武芸伝を歩む


こんな行動を繰り返す侍を見かねた同志の一人が、


「一門の恥だ、抹殺しましょう!」と提案し、


筆頭「抹殺するとつまらないものを斬ることになるので、社会的に抹殺しましょう!」


陰でこんな話が進んでいるとも知らず、驕る侍はさらに暴挙とも取れる行動を見せる。


そう、それは一時の過ちであり、されど大きな潮流となることも知らず・・・



武芸伝を歩む


恐いものなどなかった。自分と一門の成長に驕り、最早自分は天下人のような気分だった。


しかし、その栄華は長くは続かなかった・・・


筆頭に呼び出された侍は、「筆頭とか任されちゃったらどうしよう、テヘッ」程度の気持ちだった。


現実は重く、そして強く侍に突き刺さったのである。



武芸伝を歩む


受け入れられない現実がそこにはあった。


豊満薬を握るその手が震えた。


これまで、戦国時代最もナウイヘアーにもした、男にも関わらず流行りの化粧もした


しかし、この薬は・・・


この時、初めて侍は自分の犯してきた過ちに気付いた。


そう、これは筆頭から早く眼を覚まして、あの頃のような実直な侍に戻れとのことなんだ。


だから、期限付きで俺を戒めようとしてくれているんだ。


筆頭の優しさに、侍はほとばしる涙とともに豊満薬と収縮薬を


お腹がたぷたぷになるまで一気に飲み干した。



結果↓↓



武芸伝を歩む



武芸伝を歩む



武芸伝を歩む


ちっさい、おっさんになりました。しかも、デブ・・・



心を新たに出直します。また、一から鍛えなおします!


侍「戻す時は、伸長薬飲めば良いんですよね^^」


その返答に言葉を詰まらせた筆頭は、、、



武芸伝を歩む


戻れないじゃないかい!!



全国の薬師生産者のみなさん、どうか22日以降にこの哀れな侍に、


痩せる薬と身長を伸ばす薬を売って下さい。


楽市に並んでいれば、買いに行きます!


どうか、かしこみかしこみ申しますm(_ _)m



※この記事に登場してくる人物のコメントは一部作者により改変されています。



以上、黒鉦でした!



ポッチリだけ押させて下さい!という方もそれ以外の方も、


下のボタンをクリックお願いします^^



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村