英検 2015第二回 結果! | 高校中退からの英語学習ブログ~TOEFL109点/TOEIC990点目指して~

高校中退からの英語学習ブログ~TOEFL109点/TOEIC990点目指して~

ゼロからの英語学習。現在、TOEFL102点、TOEIC985点。フィリピン一年、アメリカ一年を経て、現在、TOEFL&医学部専門予備校講師。


テーマ:
遅くなりましたが、英検の結果が出ました。



完全にノー勉で受けたのですが、リスニング以外は比較的取れたようです。

リスニング対策をちゃんとしていれば、100点越えはそこまで難しいとは感じませんでした。どちらかというと、ちゃんと勉強して臨めば、比較的楽に取れそうです。

これは去年度までの問題だとそうはいかないので、完全なる易化傾向にあるということでしょう。


みなさん、おなじみの大御所、
英語好きさんのブログ
のこの記事がとても分かりやすいです。


特に、今回の英検は、ライティングの採点がかなり甘いです。私は23/28でしたが、予想の14~16点よりも10点弱ほど高く、かなり驚きました。

合格点が85でしたので、下手したら落ちたかなぁとか思っていましたから、余計ビックリしました。

面白かったのは、周りの方と比較すると、私の方がTOEFLのライティングの点数では負けているのに、英検のライティングでは私の方が点数が良かったケースが目立ち、興味深かったです。

皆さん対策もしっかりされていたようでしたので、完全に勉強ゼロの私よりも高得点が出やすいはずなので、不思議でした。そもそも、英検のライティングは書いたことすらありません。本番で初めて書きました。完全にぶっつけ本番です。それで23点ですから、採点甘すぎです。

(ちなみに、文字数は完全に無視して、かなり多めに書いた思います。最後の行までぎっちり書きました。時間ぎりぎりでしたので、見直しすらしていません。)

逆に練習して私と同じような点数なのであれば、文法とかスペルミスがかなり多いのかもしれません。練習していれば、構成はそこそこうまく行くはずですので。

推測するに、TOEFLのライティングは、ある程度文法ミスが抑えられれば、安定して文字数を多く書くことができれば、高得点が出るということです。

これは他のTOEFL受験者の方やTOEFL講師の方の意見にも合致するので、恐らく実力が出るのは英検で、TOEFLは文法・スペルミスさえ減らせれば、テクニックで(というよりもタイピング力)で27点以上が確保できるということになりそうです。

個人的には、英検の100点よりも、TOEFLの100点の方が大変なのではないかなと思っています。といっても、TOEFLの時にかなり勉強したので、それが無ければ、英検での一次試験での100点は相当大変かなと思いますので、どちらが大変かというのは個人差あると思います。

とにもかくにも、次は二次試験頑張ります。

もしまた英検を受けるなら、100点越えを目標にしたいと思います。


応援クリック、どうぞよろしくお願い致します!

Bryceさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス