2010年03月01日

祝つわものどが…

テーマ:スポーツ

夢の跡ですなぁ…。

上村に始まり、浅田に終わった夢でした。

なんだか、いつものオリンピックよりも、燃えた気がする…。

(故に月曜日の今日、燃え尽きて真っ白っす…月曜日はいつもの事ですが…やる気なし…(ーー;))


さて、フィギュア女子シングル。

奇しくも男子シングルと同じような結果となりました。

共に高難度のジャンプを決めた二人が加点を狙った戦略的演技構成の二人に負けるという…。

但し、今回の場合、銀の二人が金の完璧な演技の前に敗れたという事が大前提にあります。

銀の二人が完璧な演技が出来ていれば、まあ、女子はわかりませんが、男子の場合は確実に優勝していたのは間違いない。

それでも敢えて言いたいのですが…。


採点方法は変えた方が良い。


私はジャンプだけの演技は好きではありません。

ジャンプ・スピン・ステップ他全ての要素に加えて表現力があってこそ、記憶に残る演技になると思っています。

表現力が無ければ、ただの小綺麗な演技でしかない。

この場合の表現力は、にっこり笑うとか、そんなものでは無いんですよ。

今でも覚えているのは、ビットのカルメン、キャンデロロの三銃士のステップ。

双方とも素晴らしい演技力だったと思います。

二人共ジャンプは余り得意ではなく、特にキャンデロロは当時既に4回転を飛ばなければ勝てない時代に、最高でも3回転半しか飛んでなかったかと。

かつて伊藤みどりがビットにどうしても勝てなかったのは、芸術性の問題だったという話も聞いた事があります。

高難度のジャンプを何回飛んでも勝てないので、トリプルアクセルを成功させようと思ったとか。


ジャンプだけが、フィギュアでは無い。

それは十二分にわかりますが(素人ながら)、フィギュアは芸術では無いのですよ。

あくまでスポーツです。

高難度のジャンプを決めても加点が取れないから、難易度で劣るジャンプの方が得…で良いのでしょうか。

10年後、もし主流のジャンプの回転数が現在と変わらなければ、もうアマチュアスポーツとしてフィギュアを見る価値は無い気がしますね。

ショーとしてやっていけば良いだけの話です。

それでも私はフィギュア好きだと思いますけどね。(どっちだよ(^_^;))


…とかいつになく真面目に素人意見を繰り広げてますが(汗)、キムヨナの演技は素晴らしかったと思いますよ。

芸術性だけでなく、あの3-3のコンビネーションは誰にも真似が出来ない迫力だと思います。

でも真央ちゃんとあそこまで差がつく採点法はおかしいと思う。

18年間、誰も出来なかったトリプルアクセルのオリンピックでの成功。

加えて、真央ちゃんの表現力も素晴らしかったと思う。

まあ、ミスもしているので、完璧なキムヨナに負けてもそれはそれでしょうがないとも思うし、今後、ジャンプ成功させちゃっただけのド下手な選手が優勝しちゃうのもそれは嫌だ。


…と我侭な素人ファンの意見を汲んで、新しい採点法を編み出してくれる事を祈りながら、私の冬季オリンピックを閉幕とさせて頂きたいと思います。


……ってなんだよ!それ!!と激怒された方すみません。(土下座)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。