戸田典礼のブログ

戸田典礼のブログ

神様のお手伝い  (葬儀と海洋散骨 お遺骨の御相談)

葬儀と海洋散骨 花と音楽の葬儀 戸田典礼センター 

≪海洋散骨・東京湾近郊、沖縄≫

≪大規模仏事イベント≫

≪フリー企画葬儀≫

テーマ:

先日 お世話になっている御住職様に

 

達磨をいただきました

 

始めての達磨です

 

今日 願うことがあり

 

始めて達磨の左目を書き入れました

 

願いが叶うことを祈り 努力し

 

出来るだけ早く右目を書き入れたいと思います

 

 

そういえば仏像なども開眼供養といいますが

 

達磨も開眼なんですね


テーマ:

ここ2・3年リピーター(葬儀でそう言っていいか?ですが)

 

のご依頼が多い感じがします

 

以前の葬儀で喪主だった方の葬儀です

 

顔はもちろん声まで覚えていて聞こえてくるようです

 

私とその方だけで話した内容まで思い出し

 

結構辛いものがあります


テーマ:

昨日事務所前の梅が一部芽吹きました

 

一晩過ぎかなり広範囲に咲き出しました

 

まさに立春です

 

 


テーマ:

気になる商品があったので購入しました

 

お清め塩スプレー

 

葬儀場や火葬場から帰った後に使う清め塩の代わりになるかも

(最近は使わないケースも増えてきました、宗旨よっても使いません)

 

カードタイプの大きさの平たいスプレー容器で

 

塩が含まれているようです

 

檜の香りのするとても清浄な気持ちになる商品です

 

許可を得ていないので写真は載せませんが

 

気になる方は探してみてください


テーマ:

ショックなことがありました

 

友人が店長をしている仏具店に展示してあった

 

総白檀の座釈迦仏像が販売されてしまったのです

 

以前から『これいい、そのうち買うから』と言っていました

 

金額も高額で60万円以上するものでした

 

長く展示してあったので(多分20年くらい)とてもいい

 

色の変わり方で顔もとてもカッコよかったのです

 

ぜひ買い求め開眼しうちの仏壇に

 

安置するのを楽しみにしていました

 

店長・店員さんは自分が『友人価格で売ってよ』

 

と言っていたので冗談だと取っていたようです

 

とても残念ですが買い求めた方が大切にされることと思います

 

そのお宅の新仏さまのご冥福をお祈りします

 

 

 

 

 

 


テーマ:

散骨のオプションとして行っている粉骨加工ですが

 

今月に入り大変多くの粉骨依頼をいただいており

 

加工が間に合わない状況です

 

大変恐縮ですが来月1月末まで粉骨のみの受注を

 

中止させていただきます

 

当社にて葬儀の後の粉骨依頼

 

当社にて散骨予定での粉骨依頼の方は通常通り承ります

 

 

冬季は増加する葬儀依頼との兼ね合いもありご了承ください

 


テーマ:

ここのところ葬儀と散骨の依頼件数は落ち着いていますが

 

既に手元にあるお遺骨や墓じまい後の粉骨依頼が増加しています

 

・ゆくゆく海洋散骨を予定しているので前もって粉骨しておきたい

・近年人気のある移送式のカードでお参りする墓地へ

 多人数のお遺骨を納骨するため お遺骨の減量の為

 7寸壺から4寸壺 (指定の容器がある所もあるようです)

・墓地のカロートが手狭になり先祖の遺骨も合祀せずに

 粉骨し減量して骨壺に入れ納めておきたい

・手元供養の為減量して仏壇に安置しておきたい

・ペットの遺骨を庭に埋めたいので粉骨したい

 

様々な理由、要望があります やはり大きな骨壺で置いておく

より小さな骨壺や水溶性袋に封入し化粧箱に入れて置いていた

ほうが気持ち的にも楽だと思います

 


テーマ:

やはり増えてきました

 

遺品整理会社からの散骨依頼

 

今年4件目です

 

一人暮らし 自宅で孤独死 部屋には 以前亡くなった家族の遺骨

 

が後飾り祭壇に安置 遺骨の方の命日は3年ほど前

 

他の例ではやはり一人暮らし自宅で孤独死 押し入れの中から

 

2柱の骨壺 疎遠の親族は遺骨の引き取り拒否

 

委託散骨 \35,000 (協力業者価格) 更に2柱目から割引

 

と低価格である事と後々なにも必要ないのが

 

依頼増加の理由だと思います

 

他に賃貸不動産業者からの問い合わせも増えています

 

更に依頼が増えそうです 粉骨機の新調を予定しています

 

 


テーマ:

海洋散骨の際に行っている献酒ですが

 

やはり故人に献するというよりは海の神様に献するということだと

 

思うので散骨前に行っています

 

故人に供えるという意見もあり

 

業者により見解の相違があるようです

 

海域到着→緯度経度確認→献酒→散骨→献花→黙祷→

エリア旋回(3周)→ゆっくりと帰港

 

このような流れです

 

 


テーマ:

7・8月と猛暑・台風が続き依託散骨が延期になっております

 

ご依頼の方には大変ご迷惑、ご心配をおかけしております

 

9月初旬施行予定ですのでご理解のほどお願いいたします

 

Ameba人気のブログ