言葉は難しい | 戸田和幸オフィシャルブログ「KAZUYUKI TODA」Powered by Ameba
2018年07月09日

言葉は難しい

テーマ:ブログ
http://news.livedoor.com/article/detail/14986605/

僕の文書の書き方が下手なのかもしれませんが。

それでも、自分の仕事は地上波には相応しくないという意見はたくさん出たと思います」
と書きましたけども。

「出たと思います」と「出ていました」では意味合いが全く違うのではないかと。

僕は自分の仕事に対する批判がどれだけ出ていたかは知りませんが、これまでの地上波の中継とは違う形での仕事となったので、様々反応は出るだろうなという推測の意味で「出たと思います」と書いたのです。


見出しというものは、それだけでイメージを与える事が出来る、与える為に考えるものだと思います。

きちんと文章を読めば、見出しに出されたような意図で文章が書かれていないことは理解してもらえると思います。

どうしてもこういった意図的なのかは分かりませんが、書き手の意図とは違う見出しを付けられてしまう事はなくなりませんね。

今日スペイン2部でプレーしている鈴木大輔君と会う機会をいただき、メディアのあり方について話をしてきました。

メディアというフィルターを通して選手達の言葉がファン・サポーターに正しく伝わらず。
また明らかに印象操作を行う為に内容とは全くリンクしない見出しを付けるようなメディアの存在が、選手自ら発信するような形を模索し始める事に繋がり。

実際にジェラール・ピケや本田圭佑のような選手として選手にインタビューするようなメディアを持ち始めた方向に動いてきているのでは、という話をしたところでした。

言葉を駆使して伝えることはとても難しいですが。

これからも一語一句大切にしながら、日本サッカーの発展に少しでも貢献出来るよう努力していこうと改めて思った次第です。

とりたててたいした問題でもありませんが、気にはなったので書き記させてもらいました。

それでは。


戸田和幸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース