ああ~国語!(2) | 東大合格へわが子を導く「我が家の教育戦略」

東大合格へわが子を導く「我が家の教育戦略」

東大生の母親のブログです。
子供が東大に合格して分かったことは、「東大は、特別な子だけが行く学校でない。」ということです。ここでは我が家がたどった教育戦略をお話ししていきます。


テーマ:
●ああ~国語!

国語の話を続けます。

前回は、こちら

国語ができないことは、息子が中学受験をしているころから、高校までずっと付きまとう悩みでした。

国語のできる子と聞いてどんなことを思い浮かぶでしょうか。

子供の頃から読書をたくさんしてきた子
ボキャブラリーの豊富な子
感性の豊かな子
物事を理論的に考えられる子


こんなことを当時の私は、思い浮かべていました。

だから、国語ができないことは、本当にストレスでした。

本を読むようにと口を酸っぱくして言っても、問題集を与えても、さっぱり効果なしでした。

そして、悩みぬいた末に探してきた教材がありました。

国語の神様「出口汪」の「論理エンジン」です。

この教材は、さまざまな私立学校でも導入されていて、教材のすばらしさは定評があります。

これを見つけ出した時は、「ああ~。これで国語の悩みから解放された。」と安堵さえ覚えたのです。

実は、この教材は、結構なボリュームがあります。ですから、中学生の頃から高校2年までまめにやっていましたが、効果の程はと言えば、変化なしでした。

「そんな~!国語の神様ですよ。どうしてうちの子だけダメなんですか。」

そういえば、よく息子が言っていました。

「この人の言ってること、全然わかんないんだよね~。やっても力がつく気がしないよ。」

でも、そんなことに耳を貸す母親じゃありませんでした。だって、「継続は力なり」だと、信じていましたから。

それに全巻まとめて買いこんでしまったからには、できるようになってもらわないともう後には引けないという思いでした。

でも、こんな風に引っ張ってしまったことが、余計に国語を嫌いにさせ、苦手意識を増大させてしまったのだと思います。合わないと言った時点でやめれば、よかったのです。

東大でも出口さんの本をバイブルのように勉強して、国語の力をめきめきつけて合格した子もいます。でも、息子にはダメでした。

結局、どんな受験の神様が執筆した参考書でも、どの子供にも合うとは限りません。

合わないものをずっとやり続けるのは時間の無駄です。合わないと思ったら、スパッと切り捨てることが大切です。

そうしないと、教材に投入した金額以上に時間という大きな代償を支払うことになります。


読んでいただいて、もし参考になると思われましたら、宜しければポチっとお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

東大生レシピ@あすか黎(れい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。