千葉県匝瑳市野手浜のイシモチ釣り6  | ウキウキ、ウォークマン日記

ウキウキ、ウォークマン日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今日から10連休のGW。早速九十九里浜にイシモチ狙いで行って来ました。


場所は、このあいだの日曜日に突堤全体でイシモチがよく釣れていた野手浜の望洋荘下の突堤だ。

サーファーの路駐ポイントに着いたのは、日曜日より30分だけ早い7時半だった。


さて、突堤の左側は釣り人がわずかに1人。右側は4人。今日は右側が人気のようだ。

右側の釣り座を構えるならここかなという場所でヨブ(周囲より水深があるところ)の様子を眺めていると、近くの投げ釣りの人に、「どこでやってもいいよ。今日は釣れないよ」と声をかけられた。

「全然あたりがないんですか?」と聞くと、遥か向こうのウキ釣りの人を指さし、「ウキ釣りで一匹釣れただけだよ」とのこと。

「あっちが空いてるから、私はあっちでやります」と言って、突堤左側に行くと、沖の方向の遥か向こうに1人いるだけだから、場所は選び放題だ。


5日前の日曜日にジェット天秤一本針ちょい投げの人が爆釣していたところに釣り座を構え、赤コガネという青イソメをオレンジ色にしたような虫エサをつけ、胴突き2本バリ、三角錐30号オモリの仕掛けを離岸流が始まるあたりに投入した。

すると第一投の糸フケをとってる間に早くも食ってきて、25センチのイシモチが上がっってきた。

第二投も同じところに投入するや、これもリールを巻いて糸フケを取っている間に食ってきて、やはり同サイズのイシモチが上がった。

第三投も第四投もすぐにあたりがあり、矢継ぎ早に2尾を追加。

凄い。これって入れ食いじゃないか。今日は爆釣か?


でも入れ食いは4尾までで、後は忘れた頃にあたりがある通常モードとなって、10時までに4尾を追釣し、納竿とした。



■本日の釣果

イシモチ(ニベ) 8尾 (21~25センチ)


これはすべて塩麹焼きにする。美味しいに決まってますね。




淳平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス