ハッピーラッキー絶好調

星野トチローです

本日もトチローブログにお越しいただきまして

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「笑えたかな?」

「笑えないですよ!情けないです」

「キミは数日後に同じくらい驚くことになる」

「えっ?」

「彼女の口からまた名言が飛び出すから」

「ほんとですか?」

「私は」

「全治全能の神様で~~~す」

「ハハハ!絶秒のタイミングだ!その楽しい間はキミの才能だね」

「才能なんですね」

「それも私が与えた」

「ありがとうございます」

神様は白い服の襟を正すと

「ではもう一つレッスンだよ」

「はい、お願いします」

「リバウンドって言うけれど、難しいものでも怖いものでもない」

「大変なイメージしかないです」

「自然に戻るってことだよ」

「自然に戻る。。。ステロイドを使って治すって自然ではないわけですね」

「ハハハ、私はチューブ入りや錠剤のステロイドは作ってない」

「・・・・」

「草木の中には用意しておいたけれど」

「草木の中に」

「何よりキミたち人間の身体の中に」

「・・・・」

「人間が健康に美しく生きていくための物はみんな身体の中に、地球に用意しておいたけれど」

「はい」

「人間の大脳が少し働き過ぎてるかな?余分なものを作り過ぎてるかな?」

「そんな気がします」

「地球のシステムに、他の動物や植物たちから苦情や改善のお願いは一切届いてないからね」

「・・・・・」

「私が想像した人間という動物は、もっと美しい」

「美しい」

「そう、夕日をバックに走るシマウマを想像してごらん」

「はい」

「大空を飛び交う鷹を想像してごらん。草原を駆け抜けるチーターを。蛇だって、カエルだって、蜘蛛だって、そして花も果物もみんな美しく華やかに生きて生きて生き抜いて」

「はい」

「静かに、、土に空に、、かえる」

「地球の生き物はみんな同じなんですね」

「シマウマや鷹やチーターが太ってしまって、あの美しい身体のラインを失ってしまったらどうなるかな?」

「走れないし、飛べないし」

「つまりは生きていけない。動物も昆虫も花も果物も美しくある事が生きること」

「美ししくある事が生きること」

「自然は機能的で美しくあるものだよ」

「自然は機能的で美しい」

「何も企てることなく、考えることなく、努力することなく」

「はい」

「生きていることだけで美しくなれる」

「・・・・」

「すべて与えてある」

「すべて?」

「企てて、考えて、努力して」

「・・・・・」

「人間は美しく生きてるかな?」

「そうじゃない気がします」

「でも美しくなりたい欲求は増すばかりで」

「企てて、考えて、努力しないと美しく生きていけないと、、、必死です」

「生まれた時にすべて与えてある」

「はい」

「すべての人間に与えてある」

「はい」

「自然に戻るだけだよ。できるだけね」

「戻れない部分もあるということですか?」

「キミも30年生きてきたからね」

「自然に戻る。私はキミも鉄朗くんも美しく造ったよ」

「自然に戻る。できるだけ」

「受け取ってほしい」

「受け取る?」

「余すことなく」

「・・・・・」

「私が与えた」

「神様が・・」

「生まれた時に与えた、美しくしあわせにしかなれない可能性という名のスイッチを」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでは

本日も最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。感謝・感激。

 

ホームぺージ

星野トチロー 健康しあわせ堂 (shiawase-dou.com)