私が、家族出産のことで、まず伝えたいこと、というと、

なにげに、お金のこと、だったりするかも。(笑


家族出産(プライベート出産)して出産費用がかかってなくても、
「出産・育児一時金」はもらえます! 

それ知ったら、「じゃあうちも家族出産できるじゃん!」 ていうおうちも多いからね。

39万円くらい頂けるので、
→ それならダンナさんが1か月くらい仕事を休みに出来る 
→ 出産時、産後を、ダンナさんが確実にみれる
→ じゃあ家族出産がいい!

ていう。


病院で産んでも、助産院などで産んでも、出産費用は40万円くらいで、
出産・育児一時金は横流し状態です。
そんなら最初からタダで産ませてくれりゃいいじゃん、って思ってたけど。
だって手続きとか、めんどくさいよ~~

で、病院だったらどうなのか、は よく知らないんだけど、
助産院とか、助産師さんが来ての自宅出産とかだと、
なかなか産まれず出産が長引くと、プラス料金になるのね、
助産師さんたちの時給、という形で発生してきて、すぐ10万や20万くらいいっちゃう。

私それってすごく、いや~なの~っ!
て思ってた。
助産師さんたちにしてみればね、お仕事なんですから、そりゃあそうなんでしょうけどね。
だからしょうがないんでしょうけどね。

でも産むほうにしてみればさ、
痛いのは長いはお金はかかるは・・ っていやだよね。

ってか、私はとても、いやだなーと思ったんだ、それ聞いたとき。


野口晴哉さんの「育児の本」にはこんな風に書いてあったし。(ちょっと違うかもけど、だいたいね)

出産は、とにかく何でも、待つことが大切だ。(後産とかも)
早く産もうとしなければ、スルッと産まれる。
心配したり、早く産まれろと待ってる人がいないのが一番いい。


なんかすごく分かる気がしたので、
ららこのとき、妹(ダンナの)が心配して、
「陣痛来たらぜったいすぐ連絡してね」と言ってくれてたんだけれど、
連絡せずに産んじゃいました。
どうしても、自分の産みやすいように、産みたかったのです。

結果、2時間半くらいの安産でした。

後産は、二日後の朝。まったく問題なし。

「後産が一か月後でも全然問題なかった」という例について、
「育児の本」にも「あなたにもできる自然出産」にも書いてあった。

ちなみにルンタのときの後産は、次の日の朝でした。



話を戻してお金のこと。

でもね、「お金ないから、39万円もらえるなら、ちょっと不安だけど自然出産にしようかな」
ってのは、あんまりおススメはしないです。

出生届の手続きがしやすいように母子手帳をもらっておくために、
一度は産婦人科に行っておいた方がいいってことで産婦人科に行ったとき、
まあ一応、「家族だけで自宅出産をしようと思ってます」的なことを言ったら、
問診してくれてた優しそうな助産師さんが、
「もし経済的なことでそういう選択を考えてるなら、支援がありますから相談してくださいね」
と仰っていました。
心配をあおりたくなかったのですぐ、そういうことではないです、と言って、詳しいことは訊きませんでしたが、
とにかくなんか経済的支援をしてもらえるかもしれないので、訊いてみたらいいかと思います。

病院でも、助産院でも、自宅でも、プライベート出産でも、産婦の方の望む産み方をするのが、一番いいと思います。



あとね、


家族出産したら、
「児童手当て」の手続きをしそびれないように気をつけよう!


家族出産したらね、出生届けの提出とかが、スムーズにいかないんですわ。
その辺についてはまた別に書きたいと思いますが。

それでその手続きが右往左往したためもあって、
たぶん役所の人が、「では次は○○課に行って児童手当の手続きをしてください」
を言ってくれなくて、手続きをしそびれているのにも気付かず、
うちはルンタの3か月分くらい、もらいそびれちゃった!

それで先日、税金のことで市役所に行ったとき、児童手当ての手続きもしてきました。

{D657F932-A7DE-44FC-AD03-0FD198C16DCB:01}

遡っては、もらえないことになってるんですよ~、と人の良さそうな担当してくれた方が、申し訳なさそうにされていたけれど。

もらえないものは、もらえない。 ちぇ。


産後、役所で手続きしなきゃいけないものが、他にもいっぱい、あるんよね。
産んだ人は、まだおうちで寝ている時期ですからねー。
ご家族のかた、がんばってくださいね~