第72回 ドットで絵を描く座標プログラム | モカ先生のプログラミング講座&鬼のパンツをはいた小学生たち

モカ先生のプログラミング講座&鬼のパンツをはいた小学生たち

プログラミング学習は、考え、実行・変換・修正を繰り返しながら、答えを出します。学習の基本姿勢です。このブログは、小学生が取り組むプログラミング講座と、それにチャレンジする子ども達との教室で繰り広げられる思いもかけないエピソードを綴ったブログです。


テーマ:

 

 前回までの座標プログラムに追加します。追加すると、今までは、

 

 

 でしたが、このプログラムを追加すると、

 

 目や鼻を●や▲で表現できるようにします。他にも、▼と★も一緒に盛り込みます。そのプログラムは、下の黒板のとおりです。

 

 黄色い部分を追加します。よことたての座標を入力する時に、記号が選べるメッセージが表示されます。

 

 座標プログラムもブラッシュアップしましたね。135行になり、ロングプログラムになりました。では、今日はここまでです。

 

 

前回は、第71回 ドットで絵を描く座標プログラムをブラッシュアップ でした。

https://ameblo.jp/tobidasutanpopo/entry-12382328895.html

 

次回は、第73回 知ってますか?16進数!

https://ameblo.jp/tobidasutanpopo/entry-12385636455.html

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

モカ先生さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス