子ども達に四季を感じてもらおうと、学習の20分前に、子ども達と、近所にデジカメを持って、撮影に出かけます。夏なら、夏と感じる風景を選んで、思い思いに撮影します。それぞれの目線で撮影し、教室に帰ってから、みんなにプレゼンします。

そんな時のことでした。

 

 今日は、これで帰りましょう。

みのむし君1人だけが、帰りたくなさそうです。
その時、後ろからみのむし君が、
うしろを見ると、みのむし君の靴が、川(といっても小さい川ですが・・)に落ちて、流されています。
 
 みんな、ちょっと待っときなさいね。
慌てて、流れていくみのむし君の靴を追いかけて、拾おうと必死でした。
 

やっと、拾えました。

 

 みのむし君。靴も帰りたくなかったのね。

 
 
前回の話は、ミニ話(19) きょうはこれだけぇ~ でした。
次回の話は、ミニ話(21) こんな小さい手なのに・・ です。
 
 
 


人気ブログランキング

 

 

AD