大きな失敗

 

 家庭科の先生から聞いたのですが、

 

 子ども達には、本当に役に立つ自分でできるちょっとした知恵を教えてあげたいんです。例えば、インスタントラーメンを作った時、卵を1個入れる知恵があると、ずいぶん栄養価が違います。少しのお野菜をちぎって入れてもまた体にいいんです。そんな日常の助けになる工夫を子ども達に教えたいんです。共働きのご両親も多くなるでしょうから・・。でも、それは、学校の学習では、認めてもらえないんですよ。

 

 この話を聞いて、今まで、小さい子に料理を教えることに気が付いていませんでした。そうであれば、火を使わないで、電子レンジを用いて、簡単にできる料理を教えることも、役に立つかなと思い、ちびっこ料理教室を開設しました。そのころのことです。小学1年生のみのむし君たちと「みんなが大好きなからあげを電子レンジで作りましょう」と取り組みました。ビニール袋に唐揚げ粉を入れて、その中に鶏肉を入れて、振って、粉をまぶしましょう。みのむし君が、その担当になりました。

 
みのむし君は、力を込めて、振った瞬間、パーンと大きな音がして、袋が破れました。床には、粉と鶏肉が飛び散りました。一瞬みんなの動きがとまり、床を見ましたびっくりびっくりびっくり みのむし君の驚いた顔、私もこんなに力を入れて一生懸命振るとは想像できませんでした。みのむし君の驚いた顔をみて、笑いがでてしまいました爆  笑爆  笑爆  笑
片づけた後、唐揚げが、1個できました。
 
 今日は、これだけね。みんなで、次は、たくさん作ろうね。今度はみのむし君も、失敗しないよね。
 
 うん。
 
この日は、予想もしない出来事で、終わりました。
 
次回からは、丁寧に、袋を取り扱うみのむし君がいました。
 
 
前回の話は、ミニ話(18) 去年の暮、一番の寒波の日 でした。
次回の話は、ミニ話(20) やってしまったね みのむし君 です。
 
 


人気ブログランキング