ケンネルコフ | 戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

病院の日常を書いてます。
気楽に更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
HPにも遊びにきてください。
HP:http://www.tobe-ah.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/tobeutan
ツイッター:https://twitter.com/tobeutann


テーマ:

ケンネルコフ


【原因】
ケンネルコフは、犬パラインフルエンザや犬アデノウイルスII型などのウイルス、気管支敗血症菌といった細菌などが1種から複数種感染することが原因で起こります。ヒマワリ
感染経路は接触感染飛沫感染です。チューリップ赤
このため犬が集団で生活する環境下では、1頭が感染すると他の犬に次々と伝染してしまうことが多くみられます。チューリップ紫


【症状】
ケンネルコフになると咳や発熱などの症状が急に現れます。しっぽフリフリ
運動したり、興奮したりした時や気温・湿度の急な変化があった時に咳が多くなり、発作性の咳のため吐くような様子がみられることがあります。ヒツジ
ウイルスの単独感染では軽い症状の場合が多く、ほとんどは1週間~10日前後で回復します。ペンギン
しかし、ほかのウイルスや細菌にも感染(混合感染)した場合や、抵抗力や体力の少ない子犬や老犬が感染した場合には、食欲や元気がなくなり、高熱や膿のような鼻汁を出すようになります。うり坊
ときに肺炎を起こして死亡することもあります。天使


【治療・予防】
肺炎などの合併症がなければ多くは自然治癒しますが、少なくとも1週間ほどは咳がひどくならないよう興奮させたりせず安静にさせ、充分な栄養を与えますブタ
合併症があったり、咳などの症状が強ければ、それに応じて抗生剤や鎮咳剤、気管支拡張剤などを投与します。おやしらず
ケンネルコフの原因となるウイルスのいくつかに対してはワクチンが開発されているため、予防の1つとして子犬の頃からきちんとワクチン接種を行うことが大切ですわんわん
とくに老犬では体力が衰えていたり、ほかの病気があったりで抵抗力が低くなっていることが多いので、日ごろから健康診断を受け、ワクチンをしっかり接種しておくようにしましょう。クマ
また愛犬の住環境を衛生的に保っておくことも大切です。馬
冬場はウイルスが活性化しやすいので保温・保湿を心がけ、愛犬の体調が悪い日には外出を控えたり、散歩中に咳をしている犬との接触を避けるようにしましょう。晴れ



当院での症例
ブリーダーさんから家に来て1週間ほどで咳が出始めたとのことで来院されました。ヒマワリ

この時期の咳はよくあります。チューリップ黄

新しい環境に慣れるストレス、遊びすぎなどの疲れ、お母さんからもらった免疫から自己免疫に切り替わるこの時期などが重なって風邪をひいてしまいますチューリップ赤

今は検査技術もすすんで、どのウイルス細菌が悪さしているかという検査もできます。チューリップ紫

新しい子を迎えた場合、環境に慣れるまでの1週間はゲージでゆっくりさせてあげましょう。ブーケ1


咳がひどかったため、肺炎を併発していないか胸のレントゲンを撮りましたが問題ありませんでした。晴れ

飲み薬に併用してネブライザーという薬を霧状にして吸う治療を行いました。虹


戸部ウータン動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス