毛玉 | 戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

病院の日常を書いてます。
気楽に更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
HPにも遊びにきてください。
HP:http://www.tobe-ah.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/tobeutan
ツイッター:https://twitter.com/tobeutann


テーマ:

毛玉

毛玉とは毛がからまって団子のようになった状態です。ヒマワリ
長毛のワンちゃんネコちゃんを飼っていると、大抵の飼い主さんは一度は経験するのではないでしょうか?チューリップ黄
毛玉は一旦出来てしまうと、キレイにほぐすのはかなり困難です。チューリップ赤
ご自宅で毛玉の手入れをする時は注意が必要です。チューリップ紫
必ず、皮膚と毛玉の境を確認してからハサミやバリカンを入れて下さい。チューリップピンク
はさみで毛玉を切ったつもりが、皮膚まで切ってしまったという子がよく来院します。チューリップオレンジ

そして2・3糸、縫合が必要ということが多いです。うり坊

毛玉を放置しておくと皮膚炎の原因になりやすいので注意が必要です。ブタ

日々のマメなブラッシングで毛玉を作らせないことが大切です。ペンギン

小さいときからブラッシングの習慣をつけるといいでしょう。ブーケ1


当院での症例1

全身毛玉で来院された猫ちゃんです。ヒマワリ

お尻も毛玉がひどくて、便の出口を塞いでいる状態でした。ねこへび

体中の皮膚が毛玉で引っ張られている状態でしたので、動く度に痛いと思われます。クマ

毛玉を取ろうとするとすごい暴れてしまい、トリミングサロンで断られてしまいました。ブタネコ


戸部ウータン動物病院のブログ
全身麻酔をかけ、毛玉をとりました。カエル

毛玉が重度の為、ほぐすのは無理なのでバリカンで短く刈りました。パンダ


戸部ウータン動物病院のブログ
羊の毛刈りのようです。ヒツジ


戸部ウータン動物病院のブログ
全身を短く刈りました。クローバー

その後麻酔下で体をシャンプーしました。ブーケ2

今後毛が生えてきますが、頻繁にブラッシングしないとすぐに毛玉ができてしまいます。ぶーぶー

また毛玉ができないことを祈っています。虹


当院での症例2

家で毛玉を取っているとき、鋏を使ってしまい、皮膚を切ってしまいました。ヒマワリ

猫ちゃんの皮膚は薄くてよく伸びるので、毛玉を引っ張ると、皮膚もよく伸びます。チューリップ黄

毛玉と皮膚の境目をしっかり見極めることが重要です。晴れ


戸部ウータン動物病院のブログ

局所麻酔を行い、消毒後縫合しました。ぶーぶー
戸部ウータン動物病院のブログ

1週間ほどで抜糸しました。黄色い花

毛玉取りはくれぐれも気を付けてください。虹


戸部ウータン動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス