ノミ・ダニ | 戸部ウータン動物病院のブログ

戸部ウータン動物病院のブログ

病院の日常を書いてます。
気楽に更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
HPにも遊びにきてください。
HP:http://www.tobe-ah.net/
フェイスブック:http://www.facebook.com/tobeutan
ツイッター:https://twitter.com/tobeutann

【ノミ】


戸部ウータン動物病院のブログ

ノミは昆虫の一種でイヌ・ネコにつくのは、主にネコノミ(Ctenocephalides felis)で、稀にイヌノミ(Ctenocephalides canis)も寄生します

ノミは完全変態する昆虫で、卵・幼虫・さなぎは環境中、成虫は環境中と宿主体表に見られます。



そのため、体表に成虫が見られた場合は、その10~20倍近い卵・幼虫・さなぎが環境中に潜んでいることになります。
これらのノミは、ライフサイクルに最適な温度24~32℃、湿度60~80%という条件下では驚異的な速度で増殖します。
現在、多くのご家庭が最適温度に近く保温されているため、一度ノミが入り込んでしまうと冬場でも増殖してしまうことになります。
また、完全に室内飼いであっても、ノミ自体の移動能力が高く、ヒトの衣服に付着して移動もできるため、予防が必要です。
ノミが寄生した動物は、かゆみにより自傷したり、ノミアレルギー性皮膚炎を起こします。
また、瓜実条虫(腸に寄生する寄生虫)の中間宿主となり、これを媒介します。


戸部ウータン動物病院のブログ 戸部ウータン動物病院のブログ

ノミの宿主特異性は弱く、ヒトにも被害が出ます。


戸部ウータン動物病院のブログ

ノミが付いていた場合、ノミを潰すとお腹の中の卵が飛び散るため、駆虫薬で効果的に駆除する必要があります。

 

 

 

【マダニ】


戸部ウータン動物病院のブログ

 

マダニは、クモやサソリに近い節足動物で、クモ綱ダニ目マダニ科に属します。
日本に分布するマダニのうちイヌに寄生するものはフタトゲチマダニ(Haemaphysalis longicornis)、ヤマトマダニ(Ixodes ovatus)など20種ほどです。
マダニは、幼ダニ、若ダニのときに2度の脱皮を行って成ダニへと成長します。

 


吸血していない時期は、環境中(草むらなど)で寄生の機会をうかがっています。
マダニによる直接的な被害は、皮膚炎、貧血などです。
また、バベシア症などの媒介も行います。

バベシア症は血液に寄生して血球が壊れてしまう怖い病気です。


戸部ウータン動物病院のブログ

マダニがいた場合、無理にとってはいけません。

皮膚に顎で強く吸着しているため、無理にとってしまうと顎が皮膚に残ります。

それが原因で皮膚炎やアレルギーになる場合があります。

お薬で離れるを待つか、ノミ取りピンセットという特殊な道具でとる必要があります。


戸部ウータン動物病院のブログ

 

 

 

ノミ・マダニはスポット剤や錠剤の月1回の投与により、駆除・予防が可能です。

 

 

 

 

 

1ヶ月分1,200円~(体重、薬の種類によって値段が変わります。)

 

 

ノミ・マダニがあまりいない環境で飼われている子は月~11月まで最低限予防しましょう。
マダニは比較的強く、スポット剤・錠剤の駆虫薬は1ヶ月に1回使用する必要があります。

 

 

ノミ・マダニ予防は理想的には1年中予防が推奨されています。
 

重症熱性血小板減少症(SFTS)が最近問題になっています。

このウイルス感染症は、人や犬猫などの動物に、マダニの刺咬または発症動物の血液や体液に触れることで感染します。

SFTSにはまだ有効な治療法がなく、マダニ予防が唯一の対策のため、当院では一年を通したノミダニ予防をお勧めしております。
 
重症熱性血小板減少症(SFTS)についてはココ