終極エンゲージ | とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶

とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶

ライトノベル作家・小説家・脚本家・ゲームシナリオライターになるために、ワナビーが日々精進するサイト。ライトノベルの感想。おすすめのライトノベルの紹介。


テーマ:

 

最高評価S~最低評価F

【演出力】A
【構成力】A
【キャラクター】B
【設定】A
【総合】B

 

【あらすじ】

 

超未来、全宇宙を統べる王位継承者にふさわしい妃を決める「地球女王決定戦」! 求められるのは、ただ強さのみ! 妃の座を摑むため、各惑星から女闘士たちが地球に集う──! 異種間SFバトル、開幕!

 

【感想】

 

序盤はわくわくする展開だった。各惑星から女闘士たちが集い、最強を決める戦いが開催される。その中で、ただ強いだけでなく、それぞれの陣営が策略を練りながら相手を出し抜こうとする。力と知力のぶつかり合いの中、障害にぶつかりながらも目標に向かって突き進む。

そもそも主人公のキャラクターがややぶっ飛んでいて、危険があるというのもよかった。さらに主人公陣営のヒロインが強くなるための過程も面白そうだった。

けれど、急激に打ち切り感満載の急展開が起こって、唐突に物語は終わりを見せる。漫画のこういう部分は哀しいなと思う。

序盤の展開を崩さずに丁寧にストーリーを進めていけばかなり面白い漫画になったはずなのに残念でならない。

けれど、それでも最後までテンポよく盛り上がらせて物語を終えたのはよかった。

とあるワナビーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス