放課後探偵団 | とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶

とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶

ライトノベル作家・小説家・脚本家・ゲームシナリオライターになるために、ワナビーが日々精進するサイト。ライトノベルの感想。おすすめのライトノベルの紹介。


テーマ:

 

最高評価S~最低評価F

【文章力】B
【構成力】C

【キャラクター】C

【設定】C

【総合】C

 

【あらすじ】

 

『午前零時のサンドリヨン』の相沢沙呼、『叫びと祈り』の梓崎優、来年の本格的長編デビューを控える鵜林伸也ら、1980年代生まれ、創元発の新鋭五人が書き下ろす学園推理。
似鳥 鶏「お届け先には不思議を添えて」……映像研究会が発送した箱の中身が、先方に到着した段階ですり替わっていた。しかし、すり替える機会があったとは思えない。犯人はいつ、どうやって中身を入れ替えることができたのか? またしても不可解な謎に巻き込まれた葉山君は、名探偵の先輩・伊神さんに助けを求めた――『理由あって冬に出る』から始まった好評シリーズ、待望の最新作。
鵜林 伸也「ボールがない」……絶対に百球あるはずのボールが、なぜかいくら捜しても九十九球しか見つからない。あと一球見つからなければ、家に帰れないのだ! かくして高校球児たちは、求めるボールの行方をなんと推理で突きとめようとするが……。2011年に長編デビューを果たす予定の新鋭が贈る、デビュー先行短編。
相沢 沙呼「恋のおまじないのチンク・ア・チンク」……バレンタインの日、教室に戻った生徒たちが見たのは、教卓に積み上げられたチョコレートの山。みんなの荷物の中からチョコレートを抜き出して積み上げた犯人は誰か? そしてその目的は? 鮎川哲也賞受賞作『午前零時のサンドリヨン』の登場人物たちにふたたび会える、恋と謎のキュートな本格ミステリ。
市井 豊「横槍ワイン」……映画制作同好会の新作鑑賞会の最中、メンバーのひとりがワインを浴びるという珍事が発生し、〈聴き屋〉の柏木君は図らずも謎解きに駆り出されることに。ありとあらゆる可能性が提示されては否定された挙句、最後に残った予想外の真実とは? 大学生の右往左往をコミカルに描く〈聴き屋〉シリーズ最新作。
梓崎 優「スプリング・ハズ・カム」……掘り出されたタイムカプセルに入っていたのは、十五年前の卒業式で勃発した放送室ジャック事件の犯行声明。密室状況下から忽然と姿を消した犯人は、いったい誰だったのか――同窓会に集まったかつての放送部員たちは、嬉々として謎解きを繰り広げる。『叫びと祈り』の俊英が描く、せつない余韻が胸を打つ物語。

 

【感想】

 

学園ミステリーの競演ということで胸を躍らせながら読んだ。結果は期待通りとはいかず、どうにも満足できない出来だった。

まずは人気シリーズの最新作という位置づけの短編がいくつかあったのだが、その内容が既に人気シリーズを読んでいないと楽しみにくい内容になっていた。短編は登場人物が多すぎると話がごちゃごちゃしてすっきりしない、けれど人気シリーズの最新作なら当然その数は多くなり、かつそれぞれの個性を出そうとしたらそれにページ数が割かれ、ミステリーが薄くなる。そして実際にミステリーとして楽しめない作品がいくつかあった。推理に至るまでの過程も完成度が低ければ、実際の種明かしも納得しにくい。どこか無理やり感があり、そうだったのか、気づけなかった、というカタルシスが感じられなかった。

ただ文字を追っているだけで全く楽しめない作品があった中、『ボールがない』と『スプリング・ハズ・カム』はなかなか面白かった。

特に『スプリング・ハズ・カム』は終盤に、そういうことか! 気づけなかった! という衝撃。つまり読者を楽しませようという作者の気持ちが感じられてよかった。

短編なので、時間が空いた時にさらりと読めるのはいいが、誰にでもおすすめできる小説ではなかった。

 

とあるワナビーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス