とあるワナビーのライトノベル作家になるための追憶

ライトノベル作家・小説家・脚本家・ゲームシナリオライターになるために、ワナビーが日々精進するサイト。ライトノベルの感想。おすすめのライトノベルの紹介。


テーマ:

 

最高評価S~最低評価F

【文章力】B
【構成力】C

【キャラクター】C

【設定】B

【総合】C

 

【あらすじ】

 

29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。初めての一人旅、初めての海外に、ガイドブックを暗記して臨んだ葉太だったが、滞在初日で盗難に遭い、無一文に。虚栄心と羞恥心に縛られた葉太は、助けを求めることすらできないまま、マンハッタンを彷徨う羽目に……。決死の街歩きを経て、葉太が目にした衝撃的な光景とは――。

 

【感想】

 

この作品はこれといってストーリーは存在しない。若者がニューヨークへ行って、そこで悲惨な目にあい、それを機に自分と向き合っていく。その過程はとにかく主人公が自分の過去やら考えを延々と述べていく。そういう小説が好きな人にはあっているが、小説にストーリー、何かが起こって変化していき、最後にそれが収束するあの感じを求めている人にはあわないだろう。

そしてその主人公の自分語りなのだが、そのテーマとなっている部分は面白いのだが、いかんせん主人公に厚みがなさすぎる。

小説の中に、『恐らく今まで知ることがなかった演じる快感を、初めて味わったのだった。人に注目され、望まれることをし、周囲の人間の感情をあおることに、強烈な至福を感じたのだ』『社会には、ここまではセーフ、ここからはアウトというラインが、目に見えないが、愕然としてある。服装や目つき、ものの言い方や仕草、あらゆることにそのラインはあって、俺たちはそのラインを超えないように、正解の中にい続けられるように、意識的であれ、無意識であれ生活している』。などなど面白いなと思う部分はあった。

けれど、主人公が自分と向き合っていく場面。主人公は徐々に壊れていくのだが、その壊れていく過程が雑すぎる。作者が主人公が精神的に壊れている場面を描きたくてそういう風に持って行っているんだろうなという力が透けて見えてしまっている。惜しい作品だった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

とあるワナビーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。