【コミュニケーションの仕組みを作る】

テーマ:

組織には常にいろんな問題があります。

その中でも人の問題は特に大きく、永遠の課題かもしれません。

これは規模に関係なく、どんな業界・業種でも同じではないでしょうか。

 

特にサービス業ではお客様と直接接する機会が多いので、

お客様目線での取り組みが必要とされます。

ですから会社の方針をパート・アルバイトまで浸透させる必要があります。

 

 

そのためにはどうするべきか、常に考えて悩んでいます。

恥ずかしながら弊社でもまだ完全ではありません。

 

先日も残念ながらお客様から対応の悪さでご指摘を受けました。

話を聞くと店側の対応に問題がありました。

猛省です。

 

例えば、25人の従業員がいるとします。

一人の人間が25人を教育・管理することは不可能に近いです。

一人の人間が管理できるのは5人まで、と何かで読んだこともあります。

 

ですから管理の仕組みを作ることが大事なのです。

この場合の仕組みとはコミュニケーション(報・連・相)です。

良い事も、悪い事も、上から下へ、下から上へ、横へと伝達するための

ルールを仕組みにする。さらには風土にしたいです。

よく言う風通しのいい会社というやつです。

 

 

マニュアルも大事です。とうぜん弊社にもあります。

しかし万能ではありません。

 

それを補うのがコミュニケーションであり、

お客様目線での柔軟な対応です。

 

ひとりの管理者が5人までしか管理できないのであれば、

先ずは信頼できる5人の部下を育てることです。

 

更にその5人は5人の部下を育てます。

そうすることで25人の人を教育と管理ができます。

 

 

管理者は常にいろんな事を考え悩むものです。

時には心の余裕もなくなり、

それがお客さんに悪い対応となって表れてしまう事があります。

 

ですから信頼できる部下を育て、少しずつ責任を分担していきます。

そうすることで負担も軽減され心に余裕も生まれます。

 

その心の余裕がきっとお客様の為になるのではないかと思います。

 

 

 

浜太郎餃子

http://www.hamatarou.jp/