TOM★オのWhat a night!

TOM★オのWhat a night!

国内外のミュージカル、音楽、ファッション、ラケットボール、フィットネス、kat-tun・・・ハマったらとことんな私が気の向くまま語ります。

好きなことにはとことんハマり、好奇心は常に持ち合わせていたい。
作ることが大好きで、いつも何かを作っていたい。
行きたい所があったら1人でも行ってしまうけど、誰かと感覚を共有したい。

テーマ:
 

 

 

 

ONWARD presents 新感線 RS

 

メタルマクベス』disc1
 
作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎 司
振付・ステージング:川崎悦子
 
出演:橋本さとし  濱田めぐみ
           松下優也  山口馬木也
           猫背 椿  栗根まこと  植村純米
           橋本じゅん  西岡徳馬
 
2018年7月23日〜8月31日@IHIステージアラウンド東京
 
 
8月の観劇で一番インパクトあった作品爆弾爆弾爆弾
『メタルマクベス』!!
 
先月末に千秋楽でしたが、
あのフルパワーで休憩挟んで4時間弱叫びの公演を
シングルキャストで乗り切ったキャストの皆さんが凄すぎるアップ
 
ステージ正面3列目ビックリマークというとんでもない良席で、
作品の熱を浴びまくって、一瞬も飽きることなく堪能しました。
 
橋本さとしさんが強さと脆さを持つマクベスをすざましい熱量で演じていて圧倒されたし、
濱田めぐみさんは妖艶でズルくて、可愛くて哀しいマクベス夫人で魅了されまくったし、
松下優也くん、初めて拝見したけど、カッコいいし上手いしグッド!
 
西暦2218年の荒廃した世界と、80年代バンドブームのメタルバンドを
二重構造で描いているからこそのリアル感は、さすが宮藤官九郎さんラブラブ
たまたま牧歌的なお気楽感ある「ナイツテイル」観た後だったから、
その刺激が堪らなかったですドキドキ
 
昨日からdisc.2も上演開始したし、
他のキャストも必見ですね。
 
 
 
P.S.
劇場入り口で配られるキャスト&スタッフが書いてあるチラシを見てたら
衣装助手に教え子の名前があってびっくりビックリマーク
 

テーマ:

KOKAMI@network vol.16
「Rolling song ローリング・ソング

作・演出: 鴻上尚史
作詞・音楽監修: 森雪之丞
出演: 中山優馬  松岡充  中村雅俊
          森田涼花  久野綾希子
2018年8月11日〜9月2日@紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
2018年9月5日〜6日@久留米シティプラザ
2018年9月14日〜16日@サンケイホールブリーゼ


鴻上尚史さんの戯曲を全部拝見しているわけではないのですが
いつも、その時代が抱える問題提起をしつつ、普遍的に大切な思いも沢山詰まっていて、
それらがテンポよく次々と目の前で繰り広げられて、思わずクスっと(たまに爆笑)させられながら、
悲しみや絶望ではなく希望を感じるのが好きです💕


「ローリングソング」では世代の違う3人の男性と2人の女性が登場しますが、

音楽で生きていきたい、ロッカーになりたい、と夢を追いかけつつも、成功の遠さに折れそうな若者に、
父から引き継いだ会社が苦境に立たされてあがいている2人の子供の父に、

下っ端で浮かばれなかった若い時の自分を重ねてしまったり、最近会社を倒産させてしまった後輩の孤独を感じてしまったり、
なんかいろんなことを考えてしまったし、


結婚詐欺師に騙されてながらも、自分らしさに目覚めてイキイキとしていく主婦は、自分と違う人生過ぎるけど、素敵になったねって思ったり😊


最後はバンドで生演奏🎷🎶
充君がマジモンのロッカーでカッコ良かった💕

このエンディング、ウエストエンドで観た「Buddy - The Buddy Holly Story」みたい😆って思ってしまいました。



中山優馬君、こういう等身大の演技をみるのは初めてだけど、ある意味、彼(の役柄)がストーリーを動かしていく重要なポジションを気負うことなく演じてて良かったです👌
 
中村雅俊さんは、出だしから胡散臭さ満載なのになんか嫌な人にならないダンディさが流石❗️

そして松岡充君‼️
君付けしちゃうのはSOPHIAファンだったので許して🙏
頼りなかったり、情けなかったりもするけど、頑張ってるお父さんなのに、最後のシーンはとびっきりカッコ良いロッカーに💕
全てに共感出来てしまったし、
久々に歌が聴けて良かった‼️


久野綾希子さんは相変わらず歌に聴き惚れるし、
森田涼花ちゃんはちょっと不思議ちゃんな高校生を嫌味なくえんじていて、
アンサンブルの4人の皆さん、大活躍👍




ちょっと説明的な台詞が多かった気もするけど、
スピード感ある展開で沢山のことを伝えてくれる。
東京公演は終わってしまったけど、今日から福岡、大阪で上演なので、まだチケット持ってない方は是非劇場へ🎶




観劇後は妹と串タロービール





テーマ:

 

 

 

 

ミュージカル『ゴースト』

       GHOST the musical

 

脚本・歌詞:ブルース・ジョエル・ルービン(映画版の脚本家でもある)

音楽・歌詞:デイブ・スチュワート&グレン・バラード

演出:ダレン・ヤップ

 

出演:浦井健治 

   咲妃みゆ/秋元才加 平間壮一 森公美子 他

 

2018年8月5日〜31日@シアタークリエ

2018年9月8日〜10日@サンケイホールブリーゼ

2018年9月15日〜16日@久留米シティプラザ ザ・グランドホール

2018年9月22日〜23日@刈谷市総合文化センター アイリス

 

 

1990年公開された映画の印象が強烈にある『ゴースト/ニューヨークの幻』

2011年に英国で舞台化されウェストエンドで上演、翌年にブロードウェイ公演もあり

オリビエ賞、トニー賞ともにノミネートされていた作品の日本キャストバージョン。

 

映画でストーリーを知っているので「ほらほら、その人危険叫び

みたいな感情移入をして観てしまうこともあったけどべーっだ!

スピーディーなストーリー展開、美しいラブシーンドキドキ

パワフルでカッコいいダンス&ゴスペル音譜音楽も多彩で楽しい。

こういうショーアップされた場面があるのもしミュージカルならではグッド!

全てにググッと引き込まれてしまいました!!

 

透明感のある都会的なステージセットが秀逸ラブラブ

一見シンプルだけどシーンによって様々に変化し、

プロジェクトマッピングのスクリーンにもなる。

 

 

 

浦井君は甘くて豊かな歌声とナチュラルな演技、美しい容姿も含めて適役!!

ファブルキャストのモリーは咲妃みゆさんは、可憐で美しい歌声が素晴らしいアップ

難しいソロナンバーに聴き惚れてしまいました。

ダブルキャストの秋元才加さんも観てみたかったなあ、、、

 

モリクミさんが相変わらずの存在感!!

「I'm Outta Here」のニギニギしさなんて彼女にしか出来ないわー。

それでいてロマンティックなシーンでは静かに主人公達を支えているし、

ミュージカル界にとって、この方の代わりは居ない感じがしますラブラブ

 

平間壮一さんが人間臭い悪役を熱演してて、

出演してる方々みんなソウルフルでパワーがあって良かったですビックリマーク

 

 

あと悪者達が地獄へ引きずられていってしまうシーン、

あんな風に表現するなんてドクログッド!

 

仕事が入ってしまった友人から譲り受けて観に行ったのですが、

大大満足な観劇でした。

 

 

 

 

帰りに見かけたこのオブジェ、なんか迫力ありました。

 

 

Ghost-the Musical Ghost-the Musical
2,969円
Amazon

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス