ときめいて 心 ふわっと シェイプアップ

15年間の重度のうつと引きこもりから奇跡の生還。20㎏以上減量のおまけつき。努力無し、こんこんと寝て、食べて、楽しいことをしただけ。体、心、脳、故障の元は一緒だった。出会いに感謝。心屋塾。


テーマ:

心屋認定講師 ひでこです。

 

 

11月に右手首を骨折して、ギプスはとれたけれど

 

右手が固まってて、まだお箸は、うまく使えない。こぼす。

 

着替えも、痛い。

 

 

 

 

少し前に、たまたまつけたテレビで

 

脳の学者さんが

 

「書いたらかなう」ということを言ってた。

 

 

よく聞くよね、否定形は理解しないとか。

 

 

 

フンフンなるほど、と、そこらへんにあったチラシの裏に書いた。

 

一番最初に書いたのは

 

「年越しそばが右手でスルスル食べられる」

 

 

テレビを見て書いたのが、夜。

 

そして、書いたことを忘れて、お風呂。

 

 

驚いたのは、

 

手首を動かす練習が、もう、すでにいつもと違う。

 

 

ただ、固まった関節を曲げ伸ばしするんじゃなくて

 

じんわり、複雑な動かし方の練習をしていた。

 

お箸を使うって、とっても複雑なんだよ。

 

おそばを食べられるための練習。それをお風呂でしていた。

 

 

 

ああ、なるほど、

 

書いたら、具体的な行動を、

 

脳が勝手に検索するんだ、びっくり。

 

 

そして、書いたことではっきりわかったこと。

 

 

 

私、

おそばやうどんを、フォークで食べるのが、残念なんだなあ

 

お箸でするするとすすりたいんだなあ。

 

 

 

「書いたら願いがかないやすい」と聞いて、書いたことで

 

それを

はじめて自覚した。

 

 

 

 

そして、翌日には、手の動きがずいぶんいい感じ。

 

たった一晩で、なんの努力もなく、すごい変化。

 

 

紙に書く前は、紙におそばがスルスル食べられるのは

 

春頃かなあと、ぼんやりと想像していた。

 

 

 

 

これなら大晦日どころか、クリスマスごろにはおそば、食べられそう。

 

と、思ったのは二日間だけで

 

三日目には、ジンジン痛い。

 

 

右手を使いすぎたらしい。

 

無理はいけない、この寒さだもの、じんわりとね。

 

 

あさってには、けっこういけそうだよ。

 

 

 

「年越しそばが右手でスルスル食べられる」

 

書いて、翌朝には、願いがかないそうな感じ。

 

 

 

これを書いたとき、私は、とってもうれしい気分だった。

 

そうなったときをリアルに感じて、うれしい気分。

 

 

 

 

じゃあさ、

 

書いてもかなわない願いごとは、どうなの?

 

 

 

書いてもかなわない願い事

 

それは、ほんとはかなったら困る

 

可能性がある。

 

 

続きはまたあした。

 

 

IMG_20171226_235457542.jpg

 

私の右手が、開いてる。指がずいぶん伸びてる。すごい。

 

 

 

ちなみに

 

5個ぐらい書いた中に

 

彼氏がほしいとか

 

いっぱいお金がほしいとか

 

一つも無かったよ。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

心屋認定講師 カウンセラー ひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります