ときめいて 心 ふわっと シェイプアップ

15年間の重度のうつと引きこもりから奇跡の生還。20㎏以上減量のおまけつき。努力無し、こんこんと寝て、食べて、楽しいことをしただけ。体、心、脳、故障の元は一緒だった。出会いに感謝。心屋塾。


テーマ:

ネ申

 

私には考えられない、信じられないことを

 

するひとを

 

心屋では、かみ 神 と呼ぶ。

 

お手本のこと。

 

 

私は次男と二人暮らし

 

 

退院してきて、

 

痛いし不自由。

 

 

なのに次男は、休日はさっさと遊びに行く。

 

私のために遊びの予定をちょっと早めに切り上げることもない。

 

買い物を頼みたくても、いない、または

 

遊び疲れて「いま起きれない」

 

 

だって。

 

仕事を早めに切り上げることもない。

 

 

すごい。遠慮も罪悪感もまったくない。

 

 

ここまで立派だとは知らなかった。

 

そもそも

 

ちょっとの無理が重なって、

 

小さなえんりょが重なって

 

ケガしやすかったり体調崩すのだから

 

 

まさに次男はお手本。

 

 

それに、こんな感じだから

 

気兼ねなく「イタイイタイイタイ」と言える

 

 

 

そして、千葉から長男がきてくれて

 

なんとかなってる。

 

 

つい、

 

遠くから申し訳ない、が、発動してあわてると

 

「あわてたからころんだんでしょ。

 

あわてなくていいから」と

 

注意を受ける。

 

 

クセ、だね。

 

 

 

今回、入院するとき、長男には知らせてなかったの。

 

心配かけたくないし

 

短期間だし一人でできるし、と。

 

 

けど、

万が一、のことがあったら驚くだろうなあと

 

直前に知らせたら

 

退院の付き添いに来てくれた。

 

 

それにね、思たより大変だし心細いし

 

やっぱり

 

助かった。

 

院内では歩けても、外はこわかった。

 

スピードが違う。

 

タクシー乗るのも、一人じゃこわかっただろうなあ。

 

 

 

なんか、いろいろ一人でやる習慣がついてて

 

 

こんなに遠慮してるんだなーーーって

 

思った。

 

 

 

 

神は家にいるというが、ほんとだった。

 

 

ふつーのことが、ふつーにある日常

 

って

 

とってもしあわせなことだね

 

 

これは、うちの子たち69期生

非日常

 

私が急な欠席の中、

アシスタントの3人ががんばってくれた

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

心屋認定講師 カウンセラー ひでこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります