新年あけたら、近所のクリーニング屋さんが閉店しておりました。





「年齢に勝てず、リタイヤする事と致しました。」
と書かれた貼り紙が貼ってあった。



めちゃくちゃ使ってた。このお店。

家から近いのもあったけど、意味不明なくらい安かったし、私がスーツのパンツのポケットにハンカチを入れっぱなしで出しちゃっても、無料で綺麗にクリーニングしてくれたこともあったし、午前中に出せば1割引きしてくれるんだけど、30分過ぎて出しても午前だって判定にしてくれてた。

それに感じの良い老夫婦が営んでいる、というのもポイントが高かった。

そんなのご贔屓にするでしょ。
結局、ここに引っ越して来てから、一度も浮気することなく利用させてもらってた。



そのクリーニング屋さんが、閉店しました。

おばあちゃんが受付やって、おじいちゃんがクリーニングして、みたいな形だったんですけど、確かに、かなりご高齢ではあった。

62番と書かれたクリーニングのタグ探すのに、結構時間かかってた。
番号が見えないみたいだった。


年齢に勝てず……の意味は十分に理解できる。


もう、体力の限界だったんでしょう。




料金上げてもいいから続けてくれ!という気持ちもあったんですけど、体力の限界なら仕方ないですよね。

お金の話じゃないんだ。





普通に、困る。
今度からどうしよう、って思ってる。

めちゃくちゃ困るよ。閉店されると。

たださ、
私がここまで困るということは、かなり生活に根付いたお店だったんだと思います。

替えのきかないお店だったんだと思います。

良いお店の証です。




誰か継いでくれよ、ってマジで思った。
ウチの会社で権利買い取れないかな、みたいな。


まぁでも、そんな上手くいかないもんな。

私から言えるのは、ゆっくり休んでください、ということくらいです。




たださ、1つだけ言わせて。














「年齢に勝てず、リタイヤする事と致しました。」

って書いてるけど、リタイヤではないよね。
リタイヤではねぇよ。



「正しくはリタイ、ですよ。」とかそういう細かい話ではなくて、ニュアンスが違うと思うんだ。

リタイヤってさ、引退って意味で使ってると思うんですけど、微妙にさ、途中棄権のニュアンスを含むわけじゃないですか。



「私たちはクリーニング屋を続けてきましたけど、ここで棄権します。」みたいな。

まだ続けるべきだったんだろうけど、体力の限界なんで、棄権します、みたいな。

ちょっとネガティブな印象入ってる気がするんですよね。



それは違うよ。


ゴールしてるだろうよ。
ここまでやれば。

ここまで惜しまれたら、ゴールしてるだろうよ。


やり切ってるよ。
ゴールイン、してるよ。

結末まで辿り着いてるよ。

クリーニング屋のハッピーエンドを迎えてるよ。
断じて、リタイヤではねぇから。




だから、ニュアンスとしては、
「リタイヤすることにしました。」
ではなくて、
「ゴールしました。」って書いていいと思うんです。

「ゴールインしました。」って。







「12月末日をもって、ゴールインする事と致しました。」
って書いてほしい。

それでいいよ!








……まぁ、それだと老夫婦が、
「あれ?結婚してなかったんだ。」って思われるだけかもしれないんだけど。





ともかく、長い間ありがとうございました。
お世話になりました。

2人でゆっくり休んでください。

人気ブログランキング に参加してます。
↓布あるあるとかで盛り上がったりして。
人気ブログランキングへ

Twitterボタン