ガリレオを殺さないで!!

To kill Galileo Galilei.


テーマ:
さて、引っ越しシーズンなんですが、

不動産屋さんでさ、間取り見ると、
たまにこういうの書かれてるんですよ。


当たり前~<



図面と現況に相違がある場合、現況を優先とします。





これさ、
この記載の間取り図と、実際の建物の形が違ったら、
実際の建物の形の方が正しいですよ、

ってことを言ってるんですよね。


間取り図って、100%正確に記載されるものじゃないから、
その注意書きですよね。

各部屋の辺の長さが、
間取り図上だとうまく表現できなくて、
ちょっと現物とズレちゃう、みたいなことがあるから、

それを言ってるんですよね。










「図面と現況に相違がある場合、現況を優先とします。」





正直、
「そりゃあね。」
って思う。


図面が優先されるパターンはないよね、って思う。










この日本語、気になるなぁ。




優先ってさ、

『AとBがあって、今回はAを先に取り扱いますよ』

みたいな使い方じゃないですか。



優先席とか、

「他の席は高齢者でも体調悪い人でも特に取り決めなく座っていいですけど、
優先席については、高齢者などがいたら、座を譲ってくださいね。」
みたいなことじゃないですか。





「図面と現況に相違がある場合、現況を優先とします。」
って書かれたらさ、

これ書いてない間取りについては、
図面が優先されるパターンもあるの?

って日本語に見えませんか?


この物件に限っては、
「図面と現況に相違がある場合、現況を優先とします。」
って書いてあるから、

そうじゃない物件もあるの?
って。


図面優先の物件もあるの?
って。


図面優先の物件って、
間取り図の形に合わせて、実際の建物を変えちゃうの?

間取り図に窓書き忘れてたら、
窓埋めるの?



あ、私今面倒臭いですか?




窓、埋めないよね。
採光と風通し、大事だからね。




でもさ、

「図面は現況と多少相違している可能性がありますので、ご了承ください。」
とかじゃダメなの?


それはそれで、

「相違させるなよ。」
って言い出す面倒臭い奴がいるからダメなの?


「同じように書けよ。」
って言い出す面倒臭いマンがいるからダメなの?






もやもやするなぁ。




「図面と現況に相違がある場合、現況を優先とします。」


結構書いてありますからね。
よく見ると。

結構書いてるけど、全部ではない。


書いてないのは、
図面優先なの?

って聞いてください。不動産屋さんに。




私は聞かないけど。

面倒臭いマンだと思われたくないから。









代わり、ブログに書く。






ブログに書くタイプの面倒臭いマンです。
こんにちは!


















で、もやもやした気持ちのまま、
こういうポスターも見つけた。


そせい




樹林墓地『そせい』

え。蘇生すんの?

すごくない?それ。

え。しないよね?


蘇生はしないよね。


蘇生したら、それは、まぁえらいことですよね。

怖い。

死者が蘇生する墓地。





……何でこんな名前にしたんだろう。


もやもやするなぁ。




もやもや。

人気ブログランキング に参加してます。
↓面倒臭いマンは押せ。

人気ブログランキングへ
Twitterボタン
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

そーすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。