私たちの子供の頃はOー157なんて聞いた事も無かったですね。

 もっとも、ただの「はらいた」で片付けられてしまったかもしれません。

 

 しかし、Oー157なんていうばい菌が市民権を得た?現代でも、一般家庭や、その辺の普通の食道で、それによる食中毒ってあんまり聞いた事が無いですよね。

 

 以前から不思議に思っておりましたことなんですが、Oー157って、老人ホームとか学校給食とかの清掃だけは?徹底的にやるような厨房設備の所で発生しています。

 それこそ、舐めるような清掃の徹底ぶりが要求されているようです。

 

 ところが、そう言う所に限ってOー157とかが発生してしまうんですよね。

 

 乳酸菌の考察を深めた所で、この事実に対しても一つ思い浮かんだ事がありました。

 

 人間の皮膚を清浄に健康に保っているのは、いわゆる常在菌という奴なんですね。

 洗剤の使い過ぎや、殺菌のし過ぎが原因で、その菌がいなくなってしまうと皮膚はボロボロになってしまいます。

 

 もしかすると、一般の生活の中にもその常在菌と似たような役割をする菌が存在するのではないでしょうか?

 そして、除菌が過ぎるとそういう菌まで死んでしまい、ここぞとばかりOー157のような悪さをする菌が繁殖してしまうのかもしれません。

 

 その普通に存在する善玉菌みたいな物の中に乳酸菌とかがいる・・・と、乳酸菌の駆逐力を見た時に想像してみましたね。

 

 厚生省とか保健所とか、もうその事実を解ってはいるんだけど、今までやって来た事を間違っていましたとは絶対言えずにそれを認めないんだともね。

 

 少なくとも除菌のし過ぎは良くありません。

 昔は木桶とか除菌なんかしないでも立派に酒造りが行われてきた訳ですし、人間だって、石鹸突っ込んでごしごし洗わないでも、きれいに保たれている部分も存在しますからね。

 

 もうちょっと、自然の摂理を信頼しましょう。

 

 またまた逆流性食道炎の話はお休みでした。