自分とは。 | *ペダルをこいで、どこまでも。
2006年01月13日(金) 22時56分11秒

自分とは。

テーマ:正直マジメな話

今日、小倉に行きました。


                                                                           親の誕生日プレゼント等を

買いに行くためでした。

あと、参考書。


帰りに前々から買おうと思ってた本を購入。


それがコレ。


堂本剛 「ぼくの靴音」



欲しかったんです。

剛サン大好きなんですよ。

カッコイイでしょ?


                                                                            オシャレが好きなのとかメッチャステキやし、

髪型はいつも斬新で大概嫌いになれん。

(ロン毛の剛さんイヤだったけど(●´艸`) )

足元もオシャレ。


                                                                             言ってることも面白くて好き。


                                                                             でも、本気でこの人を尊敬しだしたのは、

彼が引きこもり発言をした時くらいから。


                                                                                    かなり、勇気がいったと思う。

スゴイわ。

                                                                               ただ、そういうのって雰囲気に出ちゃうんだよね。

自分は認めたくないだけで。


                                                                                   彼の本を少しだけ読んでみました。

読み始めて、自分のコト言ってんのかな?って思うくらい

共感できました。


                                                                             ちょっとぞっこんでこの本を読み込んでしまいそうです。


*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆

                                                                                で、本題に入ります。

テーマでも言ってる通り『正直マジメな話』デス。


                                                                           でも、自己満なので見なくても全然ダイジョウブです(笑)

ノーマルな人はキモチワルイなーって思うかも。

だから、あまり僕を知らない人には見て欲しくない。

けど、見たならそれでもいいと思います。



剛さんじゃないけど、

僕は『超が付くほどのネガティブ思考』 です。


ただ、

そんな自分を嫌いではない。


でも、素直になれない自分は嫌い。


他人が言ってくれることを素直に受け入れることができない。

客観的にはその意見を見れるのだけど。

ただ、素直に受け入れて実行に移すことはほとんどない。

自分なりに噛み砕いて、

あたかも自分の考えだったかのようにして

それを実行していく。


                                                                             そんな卑怯なコトを続けてきたみたい


                                                                            最近、思った。



                                                                                                                             あとね。

すっごく被害妄想が強い。

だから、団体行動が苦手。


孤独を好むんだけども、

実際、孤独を実感しちゃうとそれが怖くなる時もある。


ホントは寂しがりなのかもね。


僕は、よく1人でも生きていけるんじゃないかな?とか思ってるけど、

それって絶対に間違ってるんだよね。


困った時は誰かがいるってゆー

どこかにそんな安心があるからなんだ。


そうやって思うって時は

病んでるせいで、周りが見えなくなってるだけ。大事なことが見えないだけ。


誰かに支えられて生きてきたはずだし、

少なくても親には21年間お世話になってるんだし。


何で、こんなにひねくれちゃったのかもワカンナイ。


でも、日々昏々と過ごすのはイヤだから、

ずっと考えていようと思います。

それで何かみいだせていければいいんじゃないかな。


僕はコンプレックスの塊。

きっとそれが消えることは無いだろ


あと、打たれ弱い。

痛いトコ突かれると、えっ。。ってなっちゃって

すっごくテンションが下がっちゃう。


                                                                            それでも、大学に入ってからは

ケッコー慣れては来たかな。

環境変わって僕は少し変になったけど、

徳島でぬくぬく育ってたから、

バチがあたったのかな(笑)


たまに地元帰ると、僕はすごく持ち上げられてるコトに気づく


下関では僕は僕じゃないみたい。


でも、大切な出会いも幾らかあった。

その反面、薄い関係ってのも経験した。


大学での出逢いって、ごく一部はすごく深いもの。

でも、めちゃくちゃ薄っぺらな付き合いが多すぎる。


そんなの全く求めてない。

そんなの最初っからいらない。

ナンなのだろうね。

大学4年間での友達って、

その中の何人が一生の友達になるんだろう。


尽きないね。


今日はこれで終わり。

また何か言いたくなったら

ここに書くよ。


では。



tnh726さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス