勉強道場 by スタディルームオメガ

勉強道場 by スタディルームオメガ

〜自分を変える塾〜

志望校合格ならスタディルームオメガにおまかせ!

江東区・中央区の勉強道場│無学年制、補習〜超先取り学習│全科目パーソナルトレーニング

私は、積極的安楽死について肯定的に考えている。治療を受けている患者自身にも個人の考え方や自分の人生に対する価値観があり、それらに基づいて決めたことであれば尊重すべきだからである。自分がどのように死ぬかは患者自身が決めることができるべきである。

 

積極的安楽死とは、本来は自然に訪れる死期を薬品の使用等によって早めることであるが、その実行には余命が短いという前提条件が求められる。しかしながら、人間の死期は、客観的に判明することは難しく、医師の技術や経験、知識、主観などによって判断が変わってくる。そのため、そのような不明確な基準で人間の死期を決めてよいのかという倫理的な問題が生じうる。加えて、現行の法律に照らした場合に処置を施した医師が刑事罰に問われる可能性もあるだろう。

 

しかしながら、患者自身の人生の価値観はやはり一番尊重されるべきものであろう。患者は自分の生きる権利と死ぬ権利の両方を有しており、その両方とも他者に委ねられるものでは決してない。患者の人生観を尊重することが、結果として患者の生活の質(QOL)につながっていくものであると考える。

 

ゆえに、私は、患者が安楽死を選択した場合には、その意思を尊重すべきであるという積極的安楽死を肯定する立場である。そして、患者がそのような選択をすることを可能にするためには、客観的な医学的基準を定めることと、患者の選択と医師の処置が合法となるように法律を整備することが急務となる。

 

【構成】

第1段落:自分の意見を書く

第2段落:その理由を書く

第3段落:別の理由も書く

第4段落:自分の意見をもう一度書く

 

 

江東区・中央区の勉強道場!

無学年制、補習〜超先取り学習!

全科目パーソナルトレーニング!

公式HP スタディルームオメガ

個別指導塾ランキング