外馬場74鞍目のレッスンはホースショー前、最後のレッスン。

天気は予報通りの崩れ方。
乗り始めから雨を普通に感じるほどの降水量。
軽速歩が気持ち悪い(笑)

鞍はびちょびちょ。
そこで立ったり座ったりする軽速歩はじわじわてキュロットに雨水を染み込ませていく訳です(^o^;)

ちなみに今回のレッスンはホースショー前、最後のレッスンなので
A2経路を必ず回ることを決めてましたが
相方はサント(笑)

予想通り、ルークは屋内でしか回ってきませんでした(^o^;)

ただ、よりによってサントか~

ここ最近、特にサントとはケンカしてますね(笑)
試合前・試験前は極力避けたい馬なんだけど、こればっかりは自馬会員じゃないからしかたない(^o^;)

レッスンは本当にうまくいきませんが、
拍車を増やして見たのはけっこう良かったのか今までのサントよりかはエンジンのかかり方は変わってた気がします。

特に、経路練習前からは正反動でも少しテンポは保てた気がします。
ただ、もう一越えしたいのは思ってますが・・・。


どうせなら今日は経路の話で。

さっきも言った通り、経路練習前からエンジンが少しかかり始めた(?)サント。
正反動が遅いながらもそれなりにはやってくれる。
ただ、(いつか止まるんじゃ?)と、ヒヤヒヤしかない正反動。

そして、A2経路といえば三湾曲蛇乗りですよね!

特別意識はしてませんが、
ここが綺麗に決まると何となくカッコいいイメージがありますね!

そして、その三湾曲で隅角を攻められず
それどころか全体的に隅角への攻めはイマイチなものに。

「サントは隅角攻めるのが難しい」と、言われる馬ですが
隅角を攻めないといけないのは現状。

それ以外ではあまり指摘は受けませんでしたが
去年の秋のような突然のアクシデントで、
またサントが回ってくる可能性も0では無いですから。

一応、そういうところも含めて見ると
その癖の把握と対策は勿論。
それと左駈歩はなぜかスムーズというのもサントの特徴。

馬によっての個性を汲み取り活かす。
それが出来てないのは現実ですが、それを出来る騎手にはならないといけないですからねー

どの馬でも3級の実力を出せないなら
「それは3級の乗馬なの?」と言われた時に何も言えなくなりますからね(^o^;)

そこも含めて頑張るしかないです。


それと、今回けっこうな天気なので実際キャンセルと迷ってました。
うちのクラブは雨天キャンセルが多いというのは過去のブログでも紹介しましたが、
来週も天気の予報があまりよくないので
不良馬場・不良天候対策としてレッスン。

これがどうなるかですね!
まぁ、マイナスになることはないだろうけど。



乗馬・馬術ランキングへ