腰痛治療の新常識―475― | 腰痛治療最前線―TMSジャパン公式ブログ

腰痛治療最前線―TMSジャパン公式ブログ

医は学(サイエンス)であるのみならず
治療者の個性と患者の個性とを交わらせ
反応を起こさせる術(アート)でもある


テーマ:

11歳の子ども216名を対象にした5年間におよぶ前向き研究によると、腰痛の年間発症率は12歳で11.8%から15歳で21.5%へ、生涯有病率は11歳で11.6%から15歳で50.4%へと年齢と共に上昇する。http://goo.gl/n94jwf

青少年の腰痛はきわめてありふれた症状で、年齢と共に増加するだけでなく再発性でもあるものの、一般的に時が経つにつれて悪化することはありません。大部分の症状は成人の活動障害性腰痛に発展することはなく、普通の生活上の出来事と考えるべきとされています。

 

国民の利益になるかもしれません。もしご迷惑でなければ「シェア」をお願い致したく存じます。いちいち承諾を得る必要もなければ、TMSジャパンも愚拙の名前も出す必要はありませんので、SNSはもちろんブログやサイトに引用先のURLごとコピー&ペーストして、情報の拡散にお力を貸していただけると幸甚でございます。

 

 

読者登録してね

長谷川 淳史(はせがわ・じゅんし)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス