年内最後のブログとしても使えるブログ | きょうたの『レッツ!みんなでハワイへGO♪』

きょうたの『レッツ!みんなでハワイへGO♪』

芸人「きょうた」のハイセンスな日々を皆さんにお届け(*´з`)
コメントとかして~♪いっぱい褒めて~♪がんばるからっ!!!

ほうれん草のソテーがめっちゃ美味しい!そういえば、父親がよくお弁当に入れてくれていたな。きょうたです。



寒いですね!
なんか、本当にめちゃくちゃ寒い!
ヒートテックで命拾いしながら、今年も借金なく年越しは出来そうです。笑


皆さんはどんな年でしたか?
僕はまた一歩、「漫才師に近づいた一年」だったかなと思います。

大学卒業前から、ずっとお笑いで食っていくことを目指して活動してきました。
どうやったら売れるんだろ?と、

でも、今年はなんか少し表面の温度が今までより低かったかもなと思います。

漫才協会に少しずつ慣れてきて、
「売れる」ということ、「食っていく」ということ、「漫才師として生きる」ということ、
どれも似ているけど少しずつ違っていて、

時代というか、お笑い界隈の事情も変わってきて、
僕がお笑い始めた頃、YouTuberとかいなかったし!今や、誰でも人気者になれてしまうツールがスマホの中に転がっていて、全員がライバルなわけで、

そんな中、消費する側も、娯楽が増えて、放送局も視聴する媒体も増えて、「チャンネル争い」的な言葉も消えるかな…

「一つのヒット番組に出れば!」って感じでもない空気は芸人の中にも広がっていて、
なのに芸人の数(芸人というカテゴライズでない表現者も含めて)は増えて、

どうやったら売れる?ってのに正解を出せないまま10年経ってしまって…。
でも、辞めるって答えにもいかないんですよね!笑

要するに、柔らかい絶望感はあるけど、
「しゃーないか」という違う形の諦め。



そんな中で、「おせつときょうた」に関しては「漫才の依頼」が増えた一年でした。

実感からすると、二つの感覚で漫才師に一歩近づいたなと思ったんです。


一つは、「いや、売れないよ!ブレイクって相当難しいよ!でも、これしかやることないよ。引き続きやるしかないよ。」という感覚。

もう一つは、「この感じ、また漫才良くなったんじゃない?いけそうよ!笑」という感覚。


絶望と確信の狭間でゆるやかに揺れる日々です。


というか、Mー1も一番右の審査員がどうとかいう炎上的なノリじゃなく普通に盛り上がってくれよ!
いや、そもそも2回戦でオレらを落とすな!

何故か浅草東洋館は満席の日が増えとる!
おーい!みんな!こっちも食えそうやぞ!笑



とりあえず、漫才の単価が上がってきてるのは確実に良いこと!
Mー1だって来年は絶対にもっと上に行く!
いや、Mー1なんか昔はなかった説!
アホみたいに舞台立つ!
お金を得たら、また漫才に資本をぶっこんで回していく!!!
これを続けるのみ!


だから、もう僕を見かけたら、野菜ジュース系のか、ビタミン系の何かを授けて下さい。
絶対に漫才で返すから!
健康で生き続けて、舞台に立ち続けて、面白いこと考え続けて、挑戦し続けるから!


あと、13年書き続けてる日記もどっかのタイミングで一発入れるぞ!


※「みん独」参加してねー♪
(前の記事参照)



まずは日本一の漫才師になる!!!