生きるということを、まっすぐ静かに見つめている。

 

 

その姿勢、その姿。

 

全ての命は、生と死の間にあって、絶対に終わりがあることを教えてくれる。

 

人も大自然の中の一部であることを教えてくれる。

 

 

あとがきにあるとおり、

本当に、大事なことは長く生きることではなく、よく生きることなのだろう。