きっと誰しも思うこと。

自分が特別だということ。

 

そして、きっと誰しも気づくこと。

自分が特別じゃないということ。

 

歳を重ねる過程で、

もやもやしながら、

もがきながら、

苦しみながら、

自分の無力に苦しんだり、

自分の才能の無さを呪ったりしながら、

そのことに気がついて、

誰しも少しだけ大人に近づいていく。

 

大人に近づくということは、

他の誰かも同じようなことを考えていて、

同じように苦しんでいるということに気がつく。

 

でも、それらの過程を通して

最終的に気づいて欲しいのは、

やっぱり、みんな、誰しも特別だということ。

 

 

 歳はとるものです。


 

 

 

 

AD