[痴漢事例]示談について | 痴漢事件の弁護

痴漢事件の弁護

万が一痴漢事件の加害者になり逮捕されてしまったら、早急に弁護士に相談してください


テーマ:
『示談手続きの適切な方法について教えてください』
痴漢行為で捕まりました。判決までに示談したい場合は、
弁護士に連絡をして手続きを取るように言われました。

可能ならば示談ということにしたいのですが、
どこにどういった形で相談すればいいのかわかりません。
適切なご意見をお聞かせください。
また、その際の相談料は相場でどのくらいになるのでしょうか。
ご回答をよろしくお願いいたします。

回答1
依頼する弁護士を決めて下さい。
その弁護士から、被害者に連絡し、
示談交渉をすることになります。
弁護士につき、特に心当たりがなければ、
知合いや弁護士会に紹介して貰うか、
ネットなどで検索することになります。

まずは、法律相談を受けて、
依頼するかどうかを決めて下さい。
次に、弁護士の法律相談料は、
事務所によってさまざまですので、
相談の予約を入れる際に確認して下さい。
30分毎に5250円以上かかるのが一般的です。

引用元:http://www.bengo4.com/hanzai/19/1196/b_223320/


◯どの弁護士に依頼するべき?
痴漢事件で不起訴処分を獲得するには
状況にもよりますが、示談成立が一番です。
その際、必ず弁護士の存在が必要になりますが
当番弁護士があっても、痴漢トラブルは
痴漢弁護を専門にしている弁護士が良いです。

オススメはこちらの雅法律事務所。
豊富な実績、信頼できる痴漢専門の弁護士です。

初回相談(メール・電話)無料
来所(主張)相談時は30分5,000円
着手金・報酬 20万~50万円
まずは無料相談からで、安心です。


雅法律事務所で痴漢弁護

tknbengoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス