弁護士相談・解決の流れ | 痴漢事件の弁護

痴漢事件の弁護

万が一痴漢事件の加害者になり逮捕されてしまったら、早急に弁護士に相談してください


テーマ:

①お問い合わせ(無料相談)
②相談・法律相談
③依頼
④弁護活動・示談交渉などを始める
⑤釈放・減刑・不起訴処分の獲得


逮捕直後に弁護士に相談すれば、
弁護士が被疑者本人と接見し
弁護士を通じてご家族の方も
連絡をとることができます。

また、被疑者本人へのサポートもできるので
本人の取り調べの態度、外からは弁護士の
刑事弁護活動により、早期釈放を目指します。


次は、被害者との示談交渉です。
被害者の連絡先を、当事者間で
直接知ることは基本的にできません。
トラブルを避けるためでもあり、
被害者側の配慮でもあります。
弁護士がついて初めて示談交渉ができます。

示談が成立すれば、大抵の場合起訴されることはなく
前科もつかずに終了するケースが多いです。
既に前科のある人や状況によって変わるので絶対とは言えません。
しかし、弁護士の存在があることで可能性は高くなります。

実際に、前科がありながらも弁護士に依頼し
不起訴処分の獲得で解決した事例もあります。



不安なことなどあれば、まずは無料相談から
         ⇓       ⇓
【痴漢弁護専門】詳しくはこちらの無料相談で


雅法律事務所で痴漢弁護

tknbengoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス