[痴漢事例]3回目の逮捕 | 痴漢事件の弁護

痴漢事件の弁護

万が一痴漢事件の加害者になり逮捕されてしまったら、早急に弁護士に相談してください


テーマ:

『昨年夏に痴漢による迷惑防止条例で逮捕されました』

初めてではなく三回目の逮捕で
いずれも痴漢による迷惑防止条例です。
初回は罰金20万円二回目は罰金40万円でした

昨年末に弁護士に話に行き示談にしたいことを言いましたが
一ヶ月半経ちますが示談にはなっていません
ちなみに再来週裁判です

ここで質問ですが示談交渉は弁護士にとって難しいのですか?
もし示談できない場合即懲役はあり得ますか?

痴漢内容としては高校生の太ももを小指で触れた感じです

回答1
もし示談できない場合即懲役はあり得ますか?
@私の経験からするとないでしょう。執行猶予がつくと考えます。


引用元:http://www.bengo4.com/other/1146/b_231564/



◯痴漢事件は専門弁護士へ
全ての弁護士が刑事事件に対応できるわけではありません。

痴漢事件のことは、痴漢弁護を専門にしている
経験豊富で実績のある弁護士に相談すると安心です。

被害者と示談できなければ、起訴される恐れもあります。
そうなると前科がつく可能性も高くなるので
できるだけ早く示談成立になるようにしましょう。

痴漢事件の解決は、スピード勝負でもあります。
当番弁護士に拘らず、即座に対応してくれる
弁護士に相談することをオススメします。


雅法律事務所で痴漢弁護

tknbengoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス