前編!真夏の種子島GT釣行記!(7月30日2日目編)by宅配のめがねやさん | 宅配のめがねやさん「今日のひとこと」

宅配のめがねやさん「今日のひとこと」

ブログの説明を入力します。

種子島2日目~!





青い空!









白い雲!








しかし・・・・・・・




無風~








あ・・・・・・・・








暑い!







呼吸するだけで、




汗がにじんできます。







とてつもない暑さです!









キャストするだけで、





汗がしたたり落ちます。










強烈な日差しで、




水を飲んでも飲んでも、







頭が痛くなります。







命の危険を感じる暑さです。
















そんな時・・・・・・・・





船に寄ってきて逃げない種子島のウミガメ。











気持ちよさそうですね~







ほっこりします。





風が吹いても・・・・・







微風?






これは微風ではなく、







潮に乗って船が移動してるだけ。









あはは。





だめだこりゃ!












投げても・・・・・







投げても、





海面に異常はありません。







釣れる気もしません。









とはいえ、





誰一人休もうとしないので、






投げざるを得ません。







誰かが釣ったら嫌だしね。










同船者3人がペンシルを投げ続けているので、






自分はダムセル(ポッパー)で勝負です!








ガボッ~!






ゴボッ!









まさにベイトの捕食音!







ポッパーの小気味よい音が、静かな海面に響き渡ります。








今日も釣れないのかな~





暑いなぁ~





早く生ビール呑みたいな~











もうろうとしながら、ただ惰性でポッパーを動かしていた、







そんな時です。






















 




ドッバ~ン!!










と、水柱が上がりました!






GTです!








偏光レンズ越しに、姿がしっかり見えました!







ダムセル(ポッパー)をくわえたGTはすぐに反転!









みよし側に向かって走り始めました!








止まりませ~ん!!(泣)








ラインがぎゃんぎゃん出ていきます。





手でスプールを止めると、






GTの走りに耐え切れず、のされてしまいます。







スプールから手を離すと、一気に走り出します。







ね・・・・・・・







根ずれされてしまう~(泣)








もう・・・・・必死です!





慣れてませんからね~









GTのファーストダッシュは凄まじいです。
















そんな時・・・・・・・














この男!↑







おちゃらけてます。









むかつきます。










2回走られたので、





20キロ台のGTを確信!







少しずつ巻き始めますが、










お・・・・・・重い!







重すぎます!











20キロ台のGTってこんなに重かったっけ?






そう思いながら少しずつ、ちょっとずつ巻いていきます。








ロッドの復元力で魚を浮かせるはずでしたが、






あがってきませんね。








ロッドをしっかり引き付けて、






前に倒したその瞬間に






一気に1回転させるのがやっとです。









お・・・・おかしいな。






GTってこんなに大変だっけな?














それでも、





少しずつですがGTとの距離が縮まってるのが





スプールに巻き取られたラインの量でわかります。









ぜえぜえ言いながら、






不細工なファイトにもかかわらず、






同船者は投げるのをやめて、







自分のキャッチのために集まってくれています。








船上の一体感は、






たまらなく素敵です。









強い日差しに照らされた、






群青色の海をのぞきこむと、







銀色の平べったい塊が、






鈍い白光を放ちながら、





ゆっくりと弧を描きながら、





少しずつ近づいてきます。








片方のフックが横に掛かってるのが見えます。



 



通称、



GTのタコ状態です。







重いはずです。






テンション緩めず、






焦らず、






ゆっくりゆっくりと浮かせて







ロッドをギンバルから外して、






わきに抱えて、






船長の待つネットに誘導します。











ついに・・・・・・・・・・・








ついに、





 




やりましたぁぁぁ~!






 




カーペンターのダムセル(ポッパー)で、








釣れちゃいましたぁ~!











嬉しすぎます!






GTを釣り上げて、







膝の上に乗せて、







皆に写真を撮ってもらう時が、








一番幸せですね。
















その後・・・・・・・





釣れない雰囲気が続きましたが、







たとえ、自分の1本がたまたまであっても、







同船者全員の目の色が変わるのは当然!



 



炎天下にもかかわらず、




キャストに力がみなぎっています。(笑)







まぁ、良型GTを釣った自分としては、







まだ釣れていない皆さんを、









高みの見物です。(笑)










優越感を隠すのが難しいひとときです。(笑)












午後3時過ぎのことです。





キメジが跳ねだしました。





そのキメジの下に、





GTが群れでついていたのでしょう。
















ともで投げてた上野さんに・・・・・・・・・




ドッバーン!!








直後に真ん中で投げてた溝脇さんにも



ドッバーン!!








と、



 


ダブルヒット~!













ダブルヒットって・・・・・・・・










この後、




ど・・・・・・・・







どうなってしまうのか~?









真夏の種子島GT釣行記!(7月30日2日目後編)に続きます。









8月9日(金)は・・・・・・・・・



キャスティング茂原店さんでイベントです。


午後5時~9時までです。


よろしくお願い致します。




TALEX PROSHOP 宅配のめがねやさん


〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-28-14
営業時間 AM 10:00~PM 7:00(水曜定休)
TEL:042-751-6610 / FAX:042-758-1561
JR横浜線 淵野辺駅 北口より徒歩約10分