宅配のめがねやさん「今日のひとこと」

ブログの説明を入力します。


テーマ:





23センチ、120グラムのビッグペンシルベイト!



大型のヒラマサやGT狙うルアーサイズと大差ありません。




これで狙うのは ・・・・・・・











シーバス!







ふざけてるわけでなく、



でかいルアーで釣ることが偉いと思ってるわけでもなく、



コノシロ追っかけてるシーバスは、



でかいルアーへの反応が抜群に良いようです。





ルアーサイズを落とすと、



魚のサイズが落ちたり、バイトはあっても乗らなかったりで、




 

コノシロ追っかけてるシーバス狙うなら、



大きなルアーを投げ続けるのが良いようです。









ルアーサイズを極端に落としすぎると、










喰いません。

 








この時期ならではの・・・・・マッチザベイトみたいです。






自分もまだ始めてから3年目!



わからないことばかりです。




このわからないとこが・・・・・









面白い!(笑)









この釣りを開拓されたアングラーには、



感謝と敬意の気持ちを抱かずにはいられません。

 





自分が知ってる限りでは、



6月の宍道湖、そして10月~11月の東京湾で成立する、




期間&場所限定のゲーム(お祭り)のようですね。












さてさてこの釣りですが、



水面に浮いたコノシロの群れの中にでかいペンシルを投げ込んで、



せっせと首を振らせます。

 



釣り方としては、







単純、かつ豪快!





















とはいえ、



ベイトタックルで100グラム以上のペンシルの首振りアクションは、







手首が死にます。(笑)










開始数投で、かなり・・・・・

 




痛くなります。







痛さに慣れてきたら(麻痺してきたら)、



再スタート!





すごく釣れるのか?と言われれば、



かなりムラがあるようです。





そもそも、


 

本物の餌の群れの中に、



明らかに似てない偽物を投げ込んで、



釣ろうとしてますからね。(笑)





たくさんのシーバスの中のほんのわずかな個体が、



明らかな偽物に反応してくれているのでしょう。








そのわずかな素敵すぎるシーバス狙って、



手首の痛みに悲鳴をあげつつも、


朝から夕方までの10時間!




 

ひたすら投げ続けてルアーの首を振らせ続けるのです。

 





10時間あっても反応してもらえる時間はそう多くはありません。



何投げても反応がある至福の時間もあれば、(経験ありませんが)

 



何投げてもまったく反応のない辛い時間も多く、

 



それでもそんな無反応な時でも、

 





たま~に反応する魚がいるので、






休めません。(笑)









1匹でも多く、もしくは少しでも大きいのを釣りたいと思ってしまうと、





10時間でまったく休めない釣りでもあります。












それゆえ・・・・・





反応が良い至福の時間を無駄にするわけにはいきません。









17日(火)、朝からまぁまぁの雨!



12月並みに気温が下がったこの日が、





自分にとっての開幕日になりました。








予備で車に積んでた真冬の防寒着!

 





10月半ばに着ることになるとは・・・・(驚)




 







そんな寒い朝にもかかわらず、




海水温は暖かく、




船長が案内してくれたポイントは、


コノシロやイナダが跳ねています。







同船者の方が投げると、




いきなり良型のシーバスがヒット~!




そしてさらに別のアングラーのルアーにもバイト!




着いて早々、いきなりのお祭り騒ぎとなりました!










焦ったつもりはないのですが、




自分は1投目にいきなりバックラッシュ!





ほどいてる間に同船者のルアーにバイト!




そしてヒット~!

 



 

 

は・・・・早く投げたい!


 

 

あ・・・・・・・・焦ります!










ようやくほどいて2投目~!





またも・・・・・









バックラッシュ~!










今度のはひどい!





ラインとラインががっつり食い込みあってます!





ラインを出してほぐしたいのですが、




引っぱり出せないほど食い込みあってます。









その間も・・・・・






ドバッ!








バシャッ!

 











大盛り上がりです!





一か八かで力任せに引っ張ってみましたが・・・・・














さらにひどい有様に・・・・・・・・











もうどうにもならずにラインを切って、





ノットを組みなおして、

 







 

さぁ、仕切り直しです!





















ところが、

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

ところがですよ・・・・・











あれほどにぎやかだった海面はすでに静けさを取り戻しており、





投げたルアーは静かに戻ってくるのみ!







 

ただ・・・・回収されるのみ。 








 

そんな時、





離れて投げてた同船者の声が・・・・







「終わっちゃったね。」








「終わっちゃったね。」









「終わっちゃったね。」









「終わっちゃったね。」




































貴重な至福の時間をつぶしてしまいました。(泣)

















その後は、苦しい時間が続き、






バイトも少なく、






あっても乗せ切れません。






コノシロはたくさんいるのですが、







下にいるはずのシーバスがルアーに反応してくれません。









それでも、なんとか、






ようやく・・・・・

 





 



1本目~!















う、






嬉しいです!













80ありませんが、もんどりうって出てくれました~!








少し活性があがったのか、






バイトが多くなりました。






なかなか乗らなくて苦労しましたが、

























と、再び豪快なバイト~!







あがってきたのは・・・・・・






なかなかのサイズです!







 




85センチ~!






こんなランカーサイズが真昼間にでかいトップウォーターに出てくるのですから・・・・












 




たまりませんね。(笑)















夕方になると、活性がさらにあがり、





バイトが多発~!






楽しい~!!








そしてご一緒した小林さんにも






見事なサイズ!










小林さんも色々なサイズのルアーを投げ倒してましたが、




キャッチしたのは一番、でかいルアーでした。(笑)





不思議な釣りですね。













ザラおやじ



18日編は店長齊藤君のレポをお待ちくださいね~



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宅配のめがねやさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります