宅配のめがねやさん「今日のひとこと」

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ヒデはやしプロからナイトオレンジレポをいただきました~!




『 ナイトオレンジが良く見えるわけ 』



このレンズと出会って数年たつ。



ひとことで言えば 夜間に遠くがよく見えるレンズ」

 


 


いまさらレンズの特性がどうとか説明する必要もないくらい認知されてきているナイトオレンジというレンズ。





釣りにおいては、遠くの潮目や上げ潮の入り方、ベイトの起こすわずかなさざ波、



地形の変化による細いヨレなどの視覚的情報が入ってくるのは非常に大きい。



釣り場が混雑するこの時期、遠くのほうに立ちこむ人影をいち早く確認して回避できたり、



夜間、無灯火で接近してくる船を避けたりとトラブルを回避するうえでもこのうえなく役に立ってくれている。




もちろん釣りだけでなく、車の運転時に前方に飛び出している野生動物や車から落ちた資材などもいち早く確認できるのも重要だ。



そのほかにも夜間の採集活動などでは、あらゆるものを瞬時に発見できるので、レアな種も決して見逃さない。



自分の中では、もはや絶対になくてはならない存在にまでなっている。





市場に似たようなモノはいくつかある。



そんな中でこのレンズに絶対的な信頼をおくのは、これを手掛けている宅配のめがねやさんの代表・重宗さんの存在が大きい。



重宗さん自身も自分とおなじく"クレイジー”な釣り人。



だからこそ釣り人の気持ちにシンクロして、その人が必要とする一番の調整をしてくれる。



ここが凄く重要で、視力を矯正するだけでなく、



その人が持つ視力の可能性をさらに広げてくれるのだ。






数十m先の暗闇で暴れまくるアカメの口元に掛かるルアーの位置。





飲まれているのか?




フック1本なのか?







その素早い動きの一瞬でそれを判別して、ファイト方法を変えていく。








一瞬の勝敗を決めるのは視覚という武器。









ナイトオレンジは一生、お世話になっていくんだろうなぁ・・・。」





                 by ヒデはやしプロ











ザラおやじ



ヒデさん、鳥肌が立つようなレポをありがとうございます!



すべてのアングラーがヒデさんほど見えてるか?と言われれば・・・






見えてないと思います。






事実、自分には4~5メートル先のシーバスのフッキング状態すら判別できません。



でも、一部のアングラーの方はヒデさんと同じような見え方を体感されています。



ということは・・・・・



見えてないわれわれにはまだ見える余力というか、可能性があるということでしょうか?



「見る」ということも鍛錬することで・・・・・変わる可能性があります。



道具を極限まで生かすのもアングラー次第なんですね。



もともとは夜間の運転用サングラスでスタートしたレンズでした。



九州のじゃいあん高野氏の目にとまり、夜釣り用サングラス「ナイトオレンジ」としてデビューし、今に至ります。





ナイトオレンジは多くのアングラーの皆様に育てて広めていただいたレンズです。



開発者のわれわれも、製造元の伊藤光学社も、ここまで広がるとは予想もしていませんでした。



ヒデさん、ナイトオレンジの可能性を教えていただき大変ありがとうございます。



こちらこそ、一生涯のお付き合いをよろしくお願い致します。




               by ザラおやじ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宅配のめがねやさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります