簡単な質問です!アンケートにご協力ください。

 

 

 

 

 

ご協力ありがとうございました!この結果を2年後のこの時期にレヴューするのを楽しみにお待ちください!

 

はい、みなさま、こんばんは!

今宵もTK達乃助のAmebloへようこそ!

 

この土日に応援して勝ったのは息子の母校・大阪桐蔭高校だけでした!

3年ぶりの甲子園出場おめでとうございます!

 

さて、次の話題、先週の金曜日にモデルナ2回目のワクチン接種した経過報告は下記のとおりです…

 

 

 

 

 

 

接種後3日経って、今、こうして振り返ると、高熱こそ出なかったものの、やはり副反応はあったようですね!

 

さて、土日の競馬の結果を…勝ち星は無くウインザナドゥの2着が最高成績でした。

 

クイーンステークスGⅢ、8着だったウインマイティーについて…

 

次に7月の総括。

 

以上のとおり、なかなか思うようには行かないなぁ…というのを強く思い知った6月、7月でした。

 

そんな中で、7月2勝を上げてくれたウインシュクランとオンリーオピニオンには感謝感謝です!

 

 

 

最後に、この話題とこの話題で今宵を〆たいとおもいます。

 

 

それでは今宵はこのへんで、みなさまごきげんよう!

ウインレーシングの2020年産募集馬の写真・動画、厩舎もアップされてみなさまもお忙しいところとは存じますが、今宵もちょっとだけTK達乃助のAmebloへお付き合い下さいませ。

 

本日、モデルナワクチン2回目の接種を終えて9時間が経過…

体温36.2℃、特に体調の不調や変調はありません。

 

過度な飲酒は控えるように、との注意を受けたので缶ビール500cc1本だけに。

 

接種前後で、水分補給!は強く心掛けた!

今日1日で、500cc×5本(ポカリ2、水2、アクエリアス1)多分、その影響で体重は+2kgくらいまで戻っている感じ…

 

強いて変化を上げるとすれば…

体内で、なんかワサワサしている感じがする…

そんで、もの凄くお腹が空った…

体内の身内・仲間たちが

「侵入者と闘っている俺たちにエネルギーを補給してくれっ!」と言われているようで、7-11でナナカラなるものを2個買って、昨日が人間ドックだったことから、3日ぶりに飲むビールのアテにした!ビールもナナカラも超美味かった!

仕切り直しで、来週からまた減量ガンバリますっ!

 

さて、本日大井で出走したリベリアスハートは1番人気4着でした…勝ち切れないレースが続くなぁ…

 

そして、土日の出資愛馬は下記のとおりです。

 

4頭それぞれについてクラブのコメントをコピペして当方の簡単な当方の見解を。

 

ウインザナドゥ

今週の出走を予定しているウインザナドゥは、昨日、函館Wコースにて追い切りがかけられました。丹内騎手騎乗の古馬2勝クラスのマイネルアストリアを追走し、5Fからペースが上がります。直線でインから迫り、併せ馬となると、最後は強めに追われて半馬身の遅れとなっていました。時計は5F67秒0、ラスト1F13秒0でした。

手塚調教師は「相手はジョッキーが乗って、こちらは体重の重い助手ですからね。さらには全体時計も予定よりは速くなっていましたから、手応えで劣ったのは仕方ないでしょう。それでも、予定をずらして状態は上がってきましたし、悪くない仕上がりまで持ってこれたと思います」と状態を語っていました。
続けて、「元々は芝でも走っていた馬で、洋芝もこなせそうです。距離もおそらく大丈夫ではないかと思っていますし、能力的にはやれてもおかしくはありません。ただ、休み明けでもありますし、色々と不確定な要素もありますから、まずはここでどんな競馬ができるでしょうか」と慎重に話していました。
そして本日は軽めの運動をこなし、午後から出馬投票で今週の函館土曜9R「八甲田山特別」芝2600mに横山武騎手で出走が確定しています。

 

ウインザナドゥにはクラシック最終戦菊花賞出走を期待しています!

そして、その可能性はまだまだ十分にあるはず…

先ずは明日の1勝Cを勝ち上がり、札幌の同条件で2連勝としたいところです。

 

ウインマミリアス

今週の出走も視野に入れているウインマミリアスは、昨日、坂路で最終追い切りがかけられました。
単走で前半はセーブ気味の走りでしたが、ラストは一杯に追われて、4F56秒3、ラスト1F13秒4という時計をマークしています。
五十嵐調教師は「中1週ですので、追い切りはテンは抑え気味に、しまい重点に負荷をかけました。時計的にもまだ強調できるほどではありませんでしたし、一度競馬を使いましたが、動き、気配ともまだ大きく変わった感じはないですね。今回、まずは距離を伸ばしてみて、この条件で少しでもきっかけを掴めればと思います」と話していました。
追い切り明けの本日は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の新潟日曜1R芝1600mを松若騎手とのコンビで出走が確定しています。

 

初戦がショックを受けざるを得ない敗戦結果だっただけに、まだまだ感は有りますが、不向きな1200mだった前走よりはまともな走りを期待したいところです。頑張って掲示板を目指せ!

ウインベイランダー

今週の出走を予定しているウインベイランダーは、先週末25日(日)にも函館ダートコースで追い切りを消化し、5F72秒8、ラスト1F13秒8という時計を馬なりでマークしており、昨日は同コースで最終追い切りがかけられました。
先週に引き続き藤岡佑騎手が騎乗して5Fから単走で徐々にペースアップ。最後の直線は馬なりのまましまいを伸ばされて5F71秒4、ラスト1F12秒9という時計をマークしていました。
寺島調教師は「追い切りに乗った佑介からは『不得手なダートでもまずまずの動きができていました。久々の前走を使ったことで状態も上がっています』との報告を受けています。中間も調整は順調ですし、今回は10頭と頭数も手頃ですからね。前走は厳しい展開でもよく辛抱していましたし、スムーズな競馬ができれば好勝負も可能でしょう」と話していました。
追い切り明けの本日は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の函館日曜10R「横津岳特別」芝2600mを藤岡佑騎手で出走が確定しています。

 

ベイランダーはぼちぼち走りごろ。藤岡佑騎手がウイニングロードに導いてくれるでしょう。

 

ウインマイティー

今週末の復帰戦を予定しているウインマイティーは、昨日、函館Wコースで最終追い切りがかけられました。
単走で5Fから徐々にペースアップし、最後の直線は馬なりにセーブされて、5F69秒2、ラスト1F13秒1という時計をマークしています。
五十嵐調教師は「先週の追い切り後も反動なく、この中間は順調に乗り込めていますし、現地のスタッフからは『昨日の追い切り後の歩様は一番良かった』との報告を受けています。まだ本当に良い時に比べるとデキはいくらか物足りないですが、牧場でも乗り込んできたぶん息遣いはいいですからね。前走で着用したブリンカーは結果的にあまり効果がなかったので今回は外してレースに臨みます。リフレッシュした効果を実戦で見せてくれるといいですね」と話していました。
追い切り明けの本日は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の函館日曜11R「クイーンS・GIII」芝1800m牝馬限定戦をM.デムーロ騎手で出走が確定しています。

 

元々、当方が出資を決めた時のこの出資牝馬3頭の評価は、ウインマイティー>ウインキートス>ウインマリリンとゴルシ産駒牝馬の方をスクリーンヒーロー産駒牝馬よりも上と考えていた。しかし、今現在の現状は、ウインマリリン>ウインキートス>ウインマイティー、と完全に真逆な結果となっている。そもそも、人気になっているテルツェットって、2年前のミモザ賞で
1着ウインマリリン
2着ウインキートス
3着テルツェット
だったあの馬ですよね!?

これは単純比較でもウインマイティーでしょう!
だって、さっきも書いたように、出資馬3頭の牝馬同志だったらこうだろう…という推測をベースにして未来予想しています。

ウインマイティーはテルツェットには負けないと思います。

 

それでは今宵はこのへんで、みなさまごきげんよう!

 

 

コロナ禍で昨年、今年も行けずにいて、ニッカウヰスキー余市蒸留所(正確には余市蒸溜所)も随分とご無沙汰してます

 

最後に行ったのって…2016年産ウインゼノビアが2歳で札幌競馬場走った時だから…2018年、ってもう3年前になるんかなぁ…この写真がその時のキルン棟だと思う…もしかしたら、その前年2017年かも…元のファイル見れば判るけど、どっちでも良い話なので、面倒くさいから省略。

 

札幌在住時に仕込んだ余市マイウイスキー作り

の出来上がり作品がこちら!

この日に仕込んで10年後の受取式のイベントを楽しみにしていたのに…

 

この六甲全山縦走大会の後に、

あの病で倒れてしまい、予約していた北海道行はキャンセル…今でも本当に残念だ。

 

再度マイウイスキー造りにチャレンジしたいところだけど、今はコロナ禍で休止…

再開されたとしても、人気になり過ぎて抽選突破が難しい…

 

かつ、仕込んでから出来上がるまで10年の時を必要とする訳で。

 

この時の受取式の様子を後で聞いたが、

既にお亡くなりになられていて家族が受取りに来た方、仲の良い夫婦でウイスキー作りには参加したが受取りは離婚されて現在独身の旦那一人で来た方とか、子供連れで参加していた四人家族が幸せそうに家族四人で受取りに来た!とか…

 

10年という時は、この歳になると、過去を振り返れば長くは無いけど、その時を起点とした未来への10年って意外に長く、その時には想像もしなかった10年後になっている…のはよくある話なんだと思う。

 

ある意味では競馬の馬産も同じなんだろうなぁ…

 

それでは今宵はこのへんで、みなさまごきげんよう!

 

 

ウインのお馬さんだけ4頭の想定です。

 

2021/7/31(土)
■ウインザナドゥ
 函館9R 八甲田山特別
 https://race.netkeiba.com/race/shutuba.html?race_id=202102010909

 

2021/8/1(日)

■ウインベイランダー
 函館10R 横津岳特別
 https://race.netkeiba.com/race/shutuba.html?race_id=202102011010

■ウインマイティー
 函館11R クイーンステークス
 https://race.netkeiba.com/race/shutuba.html?race_id=202102011011

■ウインマミリアス
 新潟1R 2歳未勝利
 https://race.netkeiba.com/race/shutuba.html?race_id=202104030401

 

2歳馬の状況です。これは来週のデビューも無いかな…2場開催を避けて3場開催まで待つ作戦かしら?

 

東京五輪は日本のメダルラッシュが続いています!

新井千鶴選手

優勝🥇おめでとうございます㊗️

https://twitter.com/i/events/1410001733221163014?s=21

後援会の専用Tシャツ着て応援📣


した甲斐があった!いやあ、めでたい、めでたい!

新井千鶴選手に寄り添う上野順恵コーチも嬉しそうだ(T . T)

中村美里の銅メダル🥉2回…上野順恵の銅メダル🥉は本当に悔しかった…

古くは恵本裕子の金メダル🥇、上野雅恵の金メダル🥇も嬉しかったがこの金メダル🥇は格別だ!

 

それでは今宵はこのへんで、みなさまごきげんよう!

 

馬の血統・配合で、父と母が同じなら、♂も♀も問わずみんな同じ…と考えるのはおかしい…

出来た仔の♂と♀で全然違うはずだ!

 

運良く、♂と♀の子供に恵まれた私の立場から言うと…

息子は私に似ている以上に母親の父、つまり母方の祖父にいろいろな部分が良く似ている…

娘は私にも似ているが、私以上に私の母に全てが生き写しだ…

 

遺伝子の基礎さえ解っていればそれは簡単に説明出来ること…

 

遺伝子、Y染色体を伝える立場から下記のとおり述べてみたい。

 

俺のY染色体を継いでくれているのは今の我が息子○○しかいない…

彼以外にも、もしかしたら他にも3人ほどいたかも知れないが…謎

 

もちろん、この先、他に、もちろんカミさん以外の女性との間に、俺のY染色体を継いでくれる仔(馬じゃないから(笑))、もとい子が出来る可能性は0では無いけど、今更では限りなく0に近いだろう…

 

父親から、見たらやはり息子は特別の存在だし、その彼を生んでくれた家内には、そのことに関しては、心の底から感謝しか無い…

それにより、他の山のような不満は氷塊する(笑)

 

でも人間は忘れっぽいから、その事実を忘れて、現在、冷たい戦争中…夫婦喧嘩は犬も食わない…

 

天皇家ではないが、万世一系、男系のみの家督相続…って、なんで3,000年以上前の、遺伝子なんていう概念すら解かっていない時代から、本能的にそれを理解出来ていた…という事実を、そのことを今後も、やはり大切にしていくべきだと思う…

 

俺の父も、俺に対してこんな感情を持っていてくれたんだろうと思う…たぶん…

残念ながら、そんな話をする機会も無く、鬼籍に入ってしまった父…父の気持ちをいろいろと慮ると、息子との時間、会話を本当に大切にしていきたいと思う…

 

まあ、彼は、面倒くさくて、ウザイなぁ…とは思うだろうけど…

 

 期待していたチェアリングソングが5着に敗れ、7月の勝ち星は 

ウインシュクランの3歳未勝利戦優勝

 

オンリーオピニオンの2歳新馬戦優勝

の2勝のみ…

 

今月は、

グラスピレが勝ち上がれず、

マイネルウィルトスが函館記念に惨敗し、

バンクオブクラウズはマーキュリーC 2着…

ウインマミリアスは新馬戦最下位…

ざっと振り返って見ても残念な記憶ばかり…

 

各馬そこそこ人気にもなっていたので、馬券も大きく行って傷口拡大…今年最悪な月です…

 

来週31日にウインザナドゥ八甲田特別の予定はあるけど… 

6月、7月と年間目標に対する進捗状況がガクンとペースダウンしてます。 

7月成績の仮〆切り

 

下表をご覧頂いて判るとおり、函館競馬場との相性は最悪です…

出走頭数も少ないですが、過去1勝のみ…

早く函館開催は終わって欲しい…

まだ8/8まで開催は続きますが…

8月からの好転に期待!

 

 

今週の出走はノルマンディーの

チェアリングソング

の1頭だけです!

image

☆7/24(土)函館・TVh杯(芝1200m・混)菱田裕二騎手
18日(日)に函館競馬場のWコースで4ハロン55.1-40.9-13.9を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にもWコースで5ハロン70.1-53.6-39.6-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「レースが近づいてきているのがわかるのか、メンタル面が影響して一時的に飼い食いが細くなる場面が見られました。幸いすぐにいつもと変わらない食欲を取り戻してくれていますので、昨日は予定通りに時計消化をこなしています。動きに関しても問題なく、前走時から維持できているのが感じられるものでした。今日、明日ともこの状態をキープするようなイメージで整えていく予定です」(青木孝文調教師)

 

木曜日更新のあったウインのお馬さんについてコピペですが。

 

2021年7月22日(木)

ウインアイルビータ
復帰戦へ向けて少しずつペースを上げてきているウインアイルビータは、昨日、坂路で追い切りがかけられました。単走で前半は抑えながらゆっくりと入ると、後半は馬なりのままペースを上げ、最後も余力を残してフィニッシュしています。時計は4F55秒3、ラスト1F13秒0でした。
田中剛調教師は「ヒザに熱感はありますが、歩様には出てきませんし、調教を積んでも小康状態をキープできています。むしろ硬さは気にならなくなってきていて動きも一本ごとに良くなっています。先週より気持ちも入ってきて、馬も動けるようになってきたのかもしれません。あとはレースへ向けて1本ビシッとやった時にどうかというところですね」と慎重に話していました。
追い切り明けの本日は軽めの運動を消化していました。
なお、次走は、8月8日、新潟日曜9R「驀進特別」芝直1000mを柴田大騎手とのコンビで予定しています。

 

ウインカムトゥルー
北海道での休養を経て入厩してきたウインカムトゥルーは、先週末16日(金)に1本目の追い切りを行い、4F55秒7、3F40秒4というタイムをマークしています。
宗形調教師は「1本目としては動きは悪くなかったですし、今週末にもさらにもう1本追い切りを行います。休んだ分、疲れがなく、身体の状態はいいですし、夏負けに関しても現時点ではそこまで悪くなってきていません。移動直後は急な気温の変化で戸惑った部分もあるのでしょう。それでも、毎年ここからは暑さにやられる馬も多くなってきますので、対策をしながら慎重に進めていきたいと思っています」と話していました。なお、次走は8月16日~20日の大井開催を予定しています。

 

ウインベイランダー
来週の函館日曜10R「横津岳特別」芝2600mに藤岡佑騎手で出走を予定しているウインベイランダーは、昨日はキャンター調整をこなし、本日は函館ダートコースで1週前追い切りがかけられました。
藤岡佑騎手が騎乗して、単走で5Fからペースアップ。最後の直線は強めに追われて、5F71秒4、ラスト1F12秒9という時計をマークしています。
寺島調教師は「今朝は佑介が自ら調教をつけてくれたようですが、『感触は良かったです』との報告を受けています。ダートの走りはあまり得意ではないタイプですが、函館Wコースは小回りで狭いので、伸び伸び走らせることを目的にダートコースで追い切りを行いました。来週の出走に向けて調整はいたって順調です」と話していました。

 

ウインマイティー
前走後、休養に入っていたウインマイティーが、先週末17日(土)に函館競馬場へ入厩しています。
昨日までは連日キャンター調整を行い、本日は函館Wコースで1週前追い切りがかけられました。
単走で前半はかなり緩めのペースで進みましたが、後半にかけて徐々にペースアップ。最後の直線はゴール前だけ軽く仕掛けられて、4F57秒0、ラスト1F12秒4という時計をマークしています。
五十嵐調教師は「牧場で調整中にも何度かスクむことがあったようですが、函館入厩後、一昨日20日(火)の午後にもスクんでしまったとの報告を受けています。そのため、今朝の追い切りは馬なりで無理をしない程度の内容にセーブしています。動きに関しては問題なかったようですが、あとはこの後、反動がなければいいですね。それと、馬体はガレたとまでは言えないまでも、トモの肉付きは良い頃に比べると少し物足りない状態で戻ってきているようです。レースに向けての追い切りは当該週のあと一本を予定していますし、万全の状態でレースに臨めるかと言われるとどうでしょうか」と控えめに話していました。
なお、次走は、来週の函館日曜11R「クイーンS・GIII」芝1800m牝馬限定戦をM.デムーロ騎手とのコンビで予定しています。

 

ウインザナドゥ

来週の函館土曜9R「八甲田山特別」芝2600mを横山武騎手で予定しているウインザナドゥは、昨日、函館Wコースにて追い切りがかけられました。古馬2勝クラスのマイネルアストリアを大きく追走し、5Fからペースが上がると、コーナーではインから迫ります。直線はビッシリと追われ、半馬身ほど遅れはしましたが、最後までしっかりと脚を伸ばしていました。時計は5F67秒3、ラスト1F12秒7でした。
手塚調教師は「1週前ということで長めからしっかりと追いましたが、先週より動きは良くなっていましたし、これなら来週には仕上がってきそうです。先週の予定を延ばして正解だったと思います。あとはあまり在厩で進めていくと体が減ってくる馬なので、そのあたりに注意していきます。放牧前にあったトモが開いてしまう歩様は、休養の効果でなくなり、いい歩様に戻っています」と話していました。
追い切り明けの本日は軽めの運動を消化していました。

 

ウインエクレール
先週、ゲート試験をパスしたウインエクレールは、昨日Pコースにて初追い切りがかけられました。2歳新馬ヒメゴゼンの外に位置取り、前半はゆっくりと入り、半マイルからペースが上がります。直線はともに馬なりのまま体を並べてゴールしていました。時計は4F54秒9、ラスト1F12秒7でした。
畠山吉調教師は「今後はコース中心で進めていく方針が決まり、先週末にはWコースに入れたのですが、チップが刺さって左トモにクモズレの症状が出たので、Pコースに切り替えています。軽めのタイムでしたから当然と言えば当然ですが、まだまだ余裕がありましたし、コースでの走りにも特に問題はありませんでした。牝馬特有のピリピリとしたところも今はなく、従順なところもいいですね。カイバもしっかり食べており、馬体重は449キロです。来週はさらにピッチを上げる予定です」と順調を報告していました。
追い切り明けの本日は軽めの運動を消化していました。

 

ウインマミリアス
先週の小倉でのデビュー戦では、序盤からレースの流れに乗りきれず、最後まで追い通しのまま最下位に敗れてしまったウインマミリアス。レース後は馬体に異常は見られず順調で、本日からは乗り込みを再開しています。
なお、次走は、中1週で来週の新潟日曜1R芝1600mか、中2週で8月7日、新潟土曜2R芝1600mのどちらかを予定しています。
五十嵐調教師は「速い流れについていけずとも、しまいにひと脚でも使ってくれるようなら次に繋がったんですけどね。流れ込むだけという内容でしたし、次はひとまず距離を伸ばしてみます。芝の速いスピードに対応できる脚がないとすれば次はダートですね。いずれにしても今はとにかく経験を重ねながら適性を探っていきたいと思います。レース後も疲れはなく順調ですが暑さもありますので、来週か再来週、どちらに使うかは状態と出走状況も見ながら判断したいと思います」と話していました。

 

 

 

 

バンクオブクラウズの父はロージズインメイ!5月の薔薇ですか…?

 

酒のみがロージズと聞くと、フォアローゼズ!

大学生~社会人の3年目くらいまで愛飲のバーボンでした!

 

『バーボンのボトルを抱いて 夜更けの窓に立つ お前が ふらふら 行くのが見える…』

By沢田研二の『勝手にしやがれ!』は、その頃よりも少し前ですが…

 

 

さて、出資愛馬バンクオブクラウズ…1番人気で2着に敗れてしまったことは、本当にもの凄く悔しいです…


でも、3着馬に10馬身の着差。重賞2着で賞金加算出来たことは良かったかなとも…これで、とりあえずこの秋初戦は狙ったところにフリーパスなはず…


そこで、今度こそ1着となり、JBCクラシック⇒東京大賞典の王道を歩んでくれることに期待しています!

 

1番人気に支持されて、一回もハナに立つことなく敗れた今日のレース…本当に残念です…

 

馬券的にも、残念な結果に…

先週の土日から今日の火曜日まで、凄まじく運の無い日でした…

 

今度の土日で愛馬がたくさんの勝ち星を量産してくれますように…祈

 

それでは今宵はこのへんで、みなさまごきげんよう!

バンクラさんのレースについて、多くは語らず…

 

 

明日のマーキュリーカップが最高の結果となりますように…

それでは今宵はこのへんで、みなさまごきげんよう!