こんにちは! 

 

広島で

「とにかく明るい性教育パンツの教室」の 

インストラクターをしています。 

おおくぼ 佳菜子です。 

 

 

 

広島市内で、 

3歳息子と47歳夫と暮らしております。 

 

 

子どもたちが小さいうちからの
性教育がなぜ必要か

考えたことはありますか?

 

 
●子どもが、いつ頃、どんな風に
大人の体に変わっていくのか
知っておくことで、いざその時
(生理や精通)が来ても不安にならない
 
●性の話をオープンに話せるということは
思春期になっても何でも話せる
親子関係を築くことができる
 
●セックスを知らない子に
「変な人に気をつけなさいよ」なんて
防犯の言葉は響かない。
つまりセックスを知ることで
子どもが自分で自分の身を守ることが
できるようになるんです!
 
 
子どもが小さいうちから
性教育をしていくことのメリットは
まだまだたくさんありますが
 
 
1つだけ覚えておいてください。
 
 
思春期が来てから性教育をするのでは
遅い!!!
ということを。
 
 
今は、昔と違って
ネットでどんな情報も簡単に手に入ります。
 
 
でも、その中には嘘や大げさな情報
たくさんありますよね?
 
 
避妊せずにセックスしても
 
 
女性のお腹を殴ったら妊娠しない…
膣内をコーラで洗えば妊娠しない…
女性がジャンプすれば妊娠しない…
 
と本気で信じている
中高校生がいたり…
 
 
お父さんが隠し持っている
暴力的なAVを見て
それが普通のセックスだと
思い込んでしまった小学生の事件
があったり…
 
 
子どもたちは純粋なぶん
そんなウソの情報も鵜呑みにしてしまいます。
 
 
中途半端に性の知識を持っていることの方が
実は危険だと知っていますか?
 
 
小学生の男女がネットで得た知識を元に
興味本位でセックスをしてしまった事例も
実際にあります。
 
 
 
これも、学校で学んだ性教育が
キッカケだったと言われています。
学校では精子と卵子がどのようにして
受精するかまでは教えてくれないため、
学校の性教育の先を知りたかったのでしょう)
 
 
 
小学5年生での妊娠という事例も
珍しくなくなっているという現状を
知っていますか?
 
 
正しい性教育で
無知から起こるトラブルを
防ぐ事ができるんです。
 
 
「知識はお守り」
 

全ての子どもたちに
知識のお守りを渡すことができる
世の中にしていくことが
私たちの目標です。
 
 
・でも、性教育って何から伝えたらいいの?
・どうやってセックスを伝えるの?
・何でも話せる関係になるための
言葉かけの方法って?
 
 
そんな、おうちでできる性教育を
お伝えしています。
 
 

私がなぜインストラクターになったかというと

 

 

私自身が、実家で性に関してクローズな

家庭だったために、性の事を相談できる

相手がいなくて悩んだ経験があったり、

 

 

性被害に遭ったことがあるから…

 

 

そして前職でも 

インストラクターの仕事をしていたので 

育児で悩んでいるたくさんのお母さんたちに

大切なことが伝えられると思ったから、 

 

 

それが結果的に、

性に悩む子どもたちを

助ける事ができると思ったからです。

 

 

前職では、某大手携帯会社の 

インストラクター業務をしていたのですが 

 

 

その中の1つに 

中国地方の学校(小中高大学専門etc) 

へ行って携帯電話の安全な使い方を 

先生、保護者、生徒の皆さんに 

お伝えするという業務がありました。 

 

 

約7年間で

約1000回の講演

行ったかと思います。 

 

 

スマホや携帯電話でのトラブルは 

大きく分けると 

 

●SNSなどでのネットいじめ 

●詐欺 

●ネットでの出会いのトラブル 

●写真でのトラブル(著作権侵害など) 

 

があげられます。

学校からは、やはりいじめ問題を 

重点的に取り上げて欲しいと 

要望をいただくことがほとんどでした。 

 

確かに社会的な問題になっている 

いじめ問題も重要ですが 

 

 

でも、私がこの中で子どもたちに 

一番危険性を伝えたかったのが 

ネットでの出会いによるトラブルです。 

 

 

その多くが性被害に 

遭ってしまう事が多いから。 

 

 

性被害だけは、一度の失敗だけでも 

心にも体にも大きな傷を負ってしまうから。 

 

 

でも、

企業から派遣されていく身ですから 

勝手なことは言えませんし 

過激な表現もできません。 

 

1講義50分ですから 

出会いの危険性を本当に伝えようと 

思っても時間が足りません。

 

 

子どもたちにその 

「本当の危険性」

伝えられず悶々としていました。 

 

 

ネットで騙されて会いに行って 

レイプ被害に遭ってしまった児童も居ます。 

 

その先に、

妊娠や性感染症といった 

二次被害を伴うこともあると 

子どもたちが知っていれば。 

こんな軽率なことはしなかったかもしれない。 

 

 

『私だったらこのまま性教育に繋げて 

もっと危険性を伝えるのに・・・』 

 

 

そう思っていたものです。 

 

 

その会社は夫の転勤を機に

辞めてしまいましたが 

「パンツの教室」と出会い 

私の伝えたかった想いを 

お母さんたちに届けることで 

子どもたちを守ることができるんだ! 

との想いから、

インストラクターの資格を取りました。

 

 

自己肯定感を育み、人を思いやる子に

育てる声かけをしていれば

イジメをするような子には

ならないと、私は思っています。

 

 

とにかく子どもたちには 

幸せな未来を歩いてもらいたい! 

その思いで活動しています。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 おおくぼ 佳菜子 

 

【その他プロフィール】 

好きな食べ物:ビール、コーヒー、ケーキ、

湯葉、 美味しいパン屋さんのパン 

 

趣味:美味しいパン屋さん巡り、

お菓子作り、ボーっとすること、

 

 

⦿パンツの教室体験会詳細はコチラ

 

⦿とにかく明るい性教育パンツの教室協会

理事のじまなみの とにかく明るい、

愛情あふれる性教育メルマガはコチラ