税金と社会保険の年収の壁 | なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なるべく専門用語や難解な言葉を使わないように心がけています。

少しでもお役に立つ情報をお伝えしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

ご訪問頂きましてありがとうございます。

税理士の角南です。

 

扶養家族になれるかどうか。

税金の扶養家族なのか?

健康保険の扶養家族なのか?

 

健康保険の扶養家族になれたとしても、

税金を計算する上での扶養家族になれなかったりすることも。

その場合、数年遡ると思わぬ出費となることもありましょう。

 

書類に〇を付けたがために、数年後恐ろしいことに。

きちんとしたご理解が必要かと存じます。

 

自身の収入が他の親族の扶養家族の範囲内かどうかが

気になる方もいらっしゃいましょう。


税金と社会保険の年収の壁の目安は、概ね次のようになります。

(内容を簡略化するために妻・夫で記させていただきます)
 

1)103万円の壁

 妻の年収が103万円以下であれば、夫自身に所得税は

 課税されず、夫は配偶者控除を

 受けることができます(夫に所得制限があります)。

注)103万円以下でも100万円を超えると住民税が課税されます。
 

2)130万円の壁

 妻の年収が130万円を超えると、

 夫の社会保険の扶養範囲から外れ、妻本人が

 社会保険に加入しなければなりません。

 従業員501人以上の企業ではパート従業員でも、

 月額賃金8万8,000円以上で、一定の条件を満たすと、

 社会保険への加入が義務づけられます(106万円の壁)。
 

3)150万円の壁

 妻の年収が103万円を超えても150万円以下、

 夫の年収が1,220万円以下であれば、

 最高38万円の配偶者特別控除を受けることができます

 (1,220万円超は控除額が段階的に縮小)。
 

4)201万円の壁

 妻の年収が201万円以下であれば、

 控除額は段階的に縮小しますが、

 夫は配偶者特別控除を受けることができます。
 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。
皆様にとって今日が良い一日でありますように。

よろしければ1日1回、応援のクリックを是非お願いいたします!


にほんブログ村

 


経理・会計・税金 ブログランキングへ