改正民法と施行日 | なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なるべく専門用語や難解な言葉を使わないように心がけています。

少しでもお役に立つ情報をお伝えしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


テーマ:

ご訪問頂きましてありがとうございます。

税理士の角南です。

 

昨年、40年ぶりの大改正が行われた民法(相続法)の施行日が、

一部を除いて2019年7月1日に決まり、以下が施行されます。

  ・遺産分割前の預貯金の払い戻し制度の創設

  ・遺留分制度や相続の効力等に関する見直し 

  ・相続人以外の貢献を考慮する 等々

施行日までは旧制度が適用されるため注意が必要であります。

 

また、以下の改正点は、施行日が異なります。
 

1.2019年1月13日施行済:自筆証書遺言の財産目録のワープロ作成を認めるなど、

   様式を緩和する制度が施行されました。また、

   自筆証書遺言を法務局において保管する制度は、2020年7月10日施行になりましたので、

  自筆証書遺言は、本制度の施行まで、自宅等で保管することになろうかと。
 

2.2020年4月1日施行:残された配偶者がそのまま住み慣れた住居に

  住み続けることができる配偶者居住権、配偶者短期居住権の制度が施行されます。
 

なお、民法(債権法/2017年5月成立)の改正は、2020年4月1日から施行されます。

主な改正点は、以下の意通りです。

 ・業種によってバラバラだった債権の消滅時効を原則5年に統一

 ・通販業者などが利用する『約款』の規定が明確化

 ・みなし合意により『クリック契約』が正式契約になる

 ・第三者が保証人になる場合、公証人による確認手続き等が必要」

 

知らないよりも知っていた方が良い民法。

少しでも参考になればと存じます。

 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。
皆様にとって今日が良い一日でありますように。

よろしければ1日1回、応援のクリックを是非お願いいたします!


にほんブログ村

 


経理・会計・税金 ブログランキングへ

税理士 すなみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス