失敗をすることと、あきらめないこと。 | なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なるべく専門用語や難解な言葉を使わないように心がけています。

少しでもお役に立つ情報をお伝えしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


テーマ:

ご訪問頂きましてありがとうございます。

税理士の角南です。


非常にお世話になっております。
インスタントラーメンに。
無性に食べたくなる時がございます。

インスタントラーメンの父である、安藤百福氏とその妻である
仁子氏をモデルにしたドラマ「まんぷく」が放送されています。

生家の呉服店で、商売の現場を間近に見て育った安藤氏は
22歳の若さで繊維業を起業し、
その後、幻灯機製造、炭焼き事業、バラック住宅製造、製塩業等、
時代の流れをいち早く掴んで様々な事業を成功させます。

しかしながら、1957年、自らが理事長を務める
信用組合の経営破綻によって全財産を失うことになります。

そんな逆境の中、安藤氏は、戦後の闇市でラーメンの屋台に
人々が並ぶ光景を思い出し、
「お湯があれば家庭ですぐ食べられるラーメン」を
開発することにより、無一文から這い上がる決心をします。

しかし、麺づくりの知識のない安藤氏にとって、その開発は、
決して平坦な道のりではありませんでした。

朝5時から深夜まで自宅庭の小屋に籠って、
製法を試しては失敗を繰り返す毎日でしたが、
決してあきらめませんでした。
そして、妻が揚げていた天ぷらをヒントに、
麺の油熱乾燥法という製法に辿りつきます。

開発の成功について、氏は語られました。
「失敗を繰り返しながら、しかし、
 少しずつ前進していることはわかっていた。
 その先のわずかな光を頼りに、進み続けるしかなかった」と。

失敗してもあきらめない精神が、世紀の偉業を成し遂げたのでしょう。

世紀の大発明に感謝しながら、頂きます。
 

 

 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。
皆様にとって今日が良い一日でありますように。

よろしければ1日1回、応援のクリックを是非お願いいたします!


にほんブログ村

 


経理・会計・税金 ブログランキングへ

税理士 すなみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス