アマゾンと成功のルール | なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なんば(難波)の税理士 角南則幸の日常日記

なるべく専門用語や難解な言葉を使わないように心がけています。

少しでもお役に立つ情報をお伝えしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


テーマ:

ご訪問頂きましてありがとうございます。

税理士の角南です。

 

昔は書籍が品ぞろえのメインでありましたが、

無いものは無いといわれるアマゾンであります。

 

ネット通販の世界企業アマゾンの拡大・成長の秘密は「独特なルールにある」と、

元幹部のブリテン・ラッド氏がNHKのインタビューに答えています。

 

その一部を紹介致します。

企業規模にかかわらず、学べることは多そうです。
 

1.フェイル・ファースト(失敗するなら早く)
ネット通販以外にも、音楽や動画の配信、AIスピーカーなど

斬新なサービスを世に送り出す一方、

スマートフォンやホテル予約サイトなど

1年ももたずに撤退した事業も数多くあります。

そこには、「失敗をいとわず、まずは挑戦し、

駄目ならすぐにあきらめる」という見極めと決断の速さがあります。
 

2.パワーポイントを使わない
プレゼントいえばパワーポイントと言われるくらい定番化したソフト。

しかしながら、アマゾン社内のプレゼンでは

「商品・サービスの説明、開始時期、顧客のメリット、

アマゾンがそれをやる理由」

「詳細な資金調達の方法、事業化への具体策」などを文書化し、

パワーポイントを使いません。

「パワーポイントは要点を簡潔に説明できるが、

都合の良い事ばかりが強調され、本質が見えなくなる」からというのが

理由のようです。

文書化は、思考力を鍛え、優れたアイデアの実現に有効な方法です。
 

3.消費者サービスを追求せよ
競合他社に勝つことや市場シェアを奪うことが目的ではなく、

創業の理念である「消費者サービスの追求」にこだわり続けています。「この消費者へのこだわりが続く限り、アマゾンは成長を続ける」と

ラッド氏は言います。
 

 

最後までお読みいただき誠に有難うございました。
皆様にとって今日が良い一日でありますように。

よろしければ1日1回、応援のクリックを是非お願いいたします!


にほんブログ村

 


経理・会計・税金 ブログランキングへ

税理士 すなみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス